外国に旅する時、脳裏を掠めるのは通信環境ではないでしょうか? 香港の場合、宿泊するホテルはゲストハウスを含め大体WiFiがあるから心配ないですが、今回紹介する「Hotel SAV」ではなんとスマートフォンが部屋に最初から備え付けられた無料の貸し出しを行っています。そんなホテルを紹介していきましょう。

出典Hotel SAV

ホテルの外観

このホテルは、九龍側の紅磡(Hung Hom)という場所にあります。紅磡は中国に行く列車が発着しているほか、現在、地下鉄が建設中というところです。近くには香港在住の日本人が住む住宅街があり、AEONまであります。スナックなどのちょっとした買い物はここで済ませられるのは安心です。香港市内を走るシャトルバスのサービスもあるので、実際のホテルまでのアクセスは悪くありません。
このホテルは照明に趣向を凝らしています。例えば、日曜日はオレンジ、火曜日は黄色、木曜日は緑など曜日ごとにホテル内び照明の色が変わるのです。もちろん、ど派手に明るくするのではなく、落ち着いた感じで照らすのでホテル内は雰囲気があります。
そしてユニークなのは宿泊者に限り、照明に使われる7色のをつかったマニキュアのサービスがあります。事前に予約が必要ですが、プロのネイリストが好みの色を塗ってくれます。女性にはうれしいですね。

出典Hotel SAV

日替わりで照明が上記の色に変化します。マニキュアもこの色の中から選べます

部屋は小ぢんまりしていますが、非常に清潔に保たれていて快適です。実は部屋の照明も同じく7色選べるのです。そういう意味では徹底していますね(笑)。肝心のスマホの話を。部屋には持ち出し自由のスマホが置いてあります。普通、日本のスマホを外国に持ってくる場合、“パケ死”を半分覚悟してローミングするか、現地のプリペイドカードを買うということになります。ところがこのスマホは、日本は残念ながら入っていませんが、アメリカ、シンガポール、中国などには無料で電話をかけることができます。また、地図や店の検索なども道の途中やWiFiがないところで当然使えます。しかも無料です。ようは日本の通信環境と同じということです。これは香港内観光をかなり便利にしてくれます。
おまけに、ホテルと提携しているレストランのクーポンなどがスマホにインストールされているといて、かなりお得です。日本のホテルでも「お・も・て・な・し」の1つとして展開すればいいと思います。
もし、客がスマホを盗んだらどうするのだろう?と思ってしまいますが、ホテル側はチェックイン時に、宿泊者の決済情報を記録するので、もし盗まれた場合は、後から賠償額を請求することができるのです。まあ、そんなことをする日本人はいないとおもいますが。

出典Hotel SAV

部屋の様子

出典Hotel SAV

無料で貸し出されるスマホ

レストランを見てみると、ビュッフェでは、特にオイスターやカニがズラリと並べられているのが目を引きますし、中2階にはオープンテラスがあって、そこにはバーや卓球台などが用意されていて、そこでお酒を傾けながら楽しむこともできます。 

いい意味でちょっと変わっているけど、客のツボを心得たこのホテル。おしゃれが好きな人とモバイル環境の充実が必要な人はここをお勧めします。

出典Hotel SAV

こんなにもカキが…

出典Hotel SAV

デザート類も充実

★Hotel SAV
住所: 83 WuhuStreet, Hung Hom, Kowloon, Hong Kong 
アクセス: 九龍地区の中心地、尖沙咀(Tsim ShaTsui)までタクシーで10分
電話:+852 2275 8808
ウェブサイト:http://www.hotelsav.com

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス