花澤美蘭(蓮佛美沙子)の祖父・昭栄(品川徹)は、息子の紀一郎(渡部篤郎)とケンカして家を飛び出してしまう。
昭栄のことを心配する大道寺保(遠藤憲一)は、紀一郎を説得しようとする。

自分の父親が早くに死んでしまったため、「元気で生きているだけでありがたい」と語りかけ、こう続けた。

何があっても、10年経ったら笑い話。
それが家族っていうもんなんじゃないですかね。

(大道寺保「お義父さんと呼ばせて」第6話)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら