期待されているApple Watch 2代目がいよいよ登場か

初代Apple Watchが2015年4月発売されている以来、世間で様々な評価が持っています。素敵と言う人もいるし、不満を持っている人もいます。例えば、時計で天気、気温が分かること、毎日消費された食べ物のカロリーを通知すること、iPhoneの見る回数が減ることなどはとてもいいですが、バッテリーの持ちは初代Apple Watch最大の欠点と言われています。現行モデルでは不十分な部分も目立つので、外観はそのままに、スペックが強化されることは十分考えられるでしょう。つまり、初代Apple Watchは生活にいろいろな便利さが持っていますが、[時計]として不満が多いみたいです。それで初代Apple Watchの欠点を踏まえて出て来るApple Watch 2代目はかなり期待されています。そして、これまでのアップル製品の発売周期はほぼ年に1回で、Apple WatchもiPhoneのような1年周期の発売ペースということもありえるのでしょうか。Apple Watch2最新情報によると、Apple Watch 2代目のサプライヤーである台湾のQuanta Computerが、Apple Watch2の試作を開始するようです。これから、Apple Watch2発売日、新機能、価格などの情報を整理して紹介します。

Apple Watch2発売日はいつでしょうか?

Apple Watch2発売日については、2016年の春(3月あたり)に発売すると予想しています。アップル製品の発売周期はほぼ年に1回で、iPhoneのように1年単位で新モデルが更新されると考えられているようですね。製造・出荷は初代と同じように少数で始まるため、4月~6月にかけては品薄状態が続く可能性があります。

Apple Watch2新機能はいったい何ですか?
最初のアップルウオッチは主に「通知機器」です。スマートフォン「iPhone」に大きく依存し、コミュニケーションの実用性は限られています。だが、どんな新しい機器にも最初のモデルがあり、時がたてば格段に進歩するものです。アップルウオッチの場合、この「格段の進歩」は次期のApple Watch 2代目かもしれないです。次期モデルとなる「Apple Watch 2」は色々と大幅なスペックアップがありそうなので、ここでApple Watch2新機能を詳しくご紹介します。

Apple Watch2新機能~カメラを内蔵
◆Apple Watch 2代目にカメラを追加することは非常に注目されています。アップル関連の米情報サイト9to5Macのマーク・ガーマン氏は新たなリポートで、2016年に発売されるApple Watch 2代目はビデオ通話機能「フェースタイム」用にフロントカメラが搭載されます。おそらくApple Watch 2代目のベゼルの上端辺りに内蔵されると思います。採用されればユーザーは腕時計を通してビデオチャットが出来るようになるわけです。カメラが追加されることで、アップルウオッチはもはや目新しいだけでなく、日常生活に必要なアイテムだと一般消費者がついに納得するかもしれないからです。

Apple Watch2新機能~WI-FIチップが搭載
◆初代Apple WatchはIPHONEへ依存し過ぎていることです。その欠点を改善する必要があります。WI-FIチップが搭載されれば、アイフォンにいちいち接続する必要がなく、独自でも出来ることが大幅に増える見込みです。iPhoneなしで様々なアプリがWi-Fi接続だけで動作することでApple Watch 2代目はどんどん便利になります。

Apple Watch2新機能~内部GPSを内蔵
◆初代のApple WatchにはGPSが搭載されていないですので、位置情報はiPhoneから取得していました。そのせいでいつもIPHONEを一緒に持ち歩かなくてはなりませんでした。Apple Watch 2代目にGPSの搭載はまたIPHONEから独立の一歩を踏み出します。

Apple Watch2新機能~耐水性能が向上
◆現行のApple Watchは生活防水レベルのIPX7相当の耐水性を備えており、ほとんど「防水」と言ってもいい状態です。腕に着けたままシャワーを浴びたりプールに入ることはできないです。時計として常に腕に着けているので、防水性能が重要視されています。生活防水レベルはもちろん、Apple Watch Sportでは水泳などのエクササイズにも使えるスポーツギアレベルの防水機能を備えるApple Watch 2代目が期待されています。

Apple Watch2バッテリーの持ち時間
◆初代APPLE WATCHのバッテリー寿命は大変不評でした。それだけではなく、接続中のIPHONEのバッテリー寿命まで一緒に削ってしまうものだからかなりタチが悪い方といえます。だが、残念なことですが、9TO5MacによればApple Watch2バッテリー・電池もちは大幅に向上されるなく、「少なくとも1日のバッテリーライフ機能を持たせるのではないか」とのことです。

Apple Watch2デザインは変わらないですか?
Apple Watch2最新情報によると、Apple Watch 2代目は、デザインはあまり変わらず、内部性能が強化される、という展開になりそうです。現時点でApple Watchはアルミ、ステンレススチール、ゴールドの三種ですが、プラチナの新素材を使う可能性もあります。それで、Apple Watch2価格が安くなる可能です。

Apple Watch2最新情報~Apple Watch2価格?
初代のアップルウォッチで一番高価な「エディション」18金バージョンは128万円から218万円です。プラスチック素材やアルミニウムを使った低価格モデルが登場するので、価格帯がさらに広がる可能性が予測されていますね。「スポーツ」、「ステンレス」、「エディション」モデルの価格は初代Apple Watchと同じぐらい価格を維持する可能です。

初代のApple Watch価格:
Apple Watchは     42,800円(税別)~48,800円(税別)
Apple Watch Sportは  66,800円(税別)~132,800円(税別)
Apple Watch Editionは 1,280,000円(税別)~2,180,000円(税別)

Apple Watch2評価はどうですか?
初代Apple Watchは素敵なものと言えませんが、Apple Watch2は世界中から最も注目され、期待されているスマートウォッチです。Apple Watch2評価はどうなるのか?Apple Watch2の発売を楽しみにしています。またApple Watch2最新情報はこの(http://www.winxdvd.com/blog/sc-apple-watch2-review.htm)サイトで随時に更新し続けます。

この記事を書いたユーザー

咲きひまわり このユーザーの他の記事を見る

ひまわりのように

得意ジャンル
  • 話題
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス