海の向こうでは2016年初秋、そして秋冬コレクションが開催中です。「もう秋冬物?!これから春が来るのに・・・」と思ったそこのあなた様。秋冬物は確かにまだ早いかもしれませんが、初秋コレクションの物ならばこれからの季節、参考になる色やデザインなどもたくさん含まれていますよ。今回は特に明るい色が豊富な『Monique Lhuillier(モニーク・ ルイリエ)』のコレクションからピックアップしてみました。

■『Monique Lhuillier』の2016年初秋コレクション

『Monique Lhuillier(モニーク・ ルイリエ)』とは

フィリピン出身の女性デザイナー。幼い頃から世界各地を巡るジェットセッターでもあった彼女は、15歳のころにデザイナーを志す。その後1996年、ビバリーヒルズにオリジナルブランドを設立。わずか5年足らずでアメリカのトップブランドにまで成長した新生ブランドです。

最上級のシルク素材と刺繍でアーティスティックなクチュールテクニックが融合した、ゴージャスなドレスが有名です。デザイナーをする上で彼女がモットーとしている事は、エレガント、フェミニン、そしてモダンであること。そしてその着心地の良さで世界中のセレブを顧客とし、魅了して、ハリウッド・ゴージャスを体現する極上ドレスと言われています。

出典 http://www.treatdressing.jp

エアリーな白のワンピース

出典 http://www.vogue.com

初秋といえど、こんなに軽くて春らしいワンピースもラインナップされています。まだ寒いこの時期の足元には、琥珀のようなヒールのブーツはいかがでしょう。

やっぱり春はピンクかな❤

出典 http://www.vogue.com

春に着たいお洋服の色ナンバー1は、やはりピンクではないでしょうか。ワンピース1枚で着るには風が冷たい・・・そんな時は五分袖のファーコートをまとってみましょう。ピンクベージュの優しさが、心をほっこり包んでくれます。

いよいよ春到来!

出典 http://www.vogue.com

一面の若草色に、鮮やかな水色の花々と鳥たちが舞い踊っているみたいです。

出典 http://www.vogue.com

若草色が派手すぎるのなら、白地にペールカラーのロングドレスはいかがでしょうか。形はシンプルですが、異国情緒漂う雰囲気を醸し出しているようですね。

出典 http://www.vogue.com

『Monique Lhuillier』といえば超絶的に美しい刺繍。薔薇色のようなドレスも、繊細な刺繍がプラスされてさらにエレガントです。

本当に初秋コレクションなんです

出典 http://www.vogue.com

春夏らしいベビーブルーにはレース、カラフルな鳥たちが飛び交うのロングスカート。初秋といえど、これからの季節にも全く支障なしです。

出典 http://www.vogue.com

「スカートばっかりじゃない!」と思われたパンツ派の皆様、大変お待たせいたしました。ワンショルダーにぺプラムを配したトップスの、パンツスタイルはいかがでしょうか。木々や花々、鳥たちが全身で春の訪れを祝っているかのようです。

出典 http://www.vogue.com

水色赤い花・・・こちらのドレスを見たとき、まるで水の中を泳ぐ金魚の艶やかさのようだと思いました。今年の春夏にチャレンジしてみたい配色です。

締めはやはりこの色で❤

出典 http://www.vogue.com

鴇色(ときいろ)のシルクシフォンドレス。色みを抑えたゴールドの刺繍もウエスト部から降り注ぐようで、決して華美にならず落ち着いた印象を与えてくれますね。

ご覧いただいたように、初秋コレクションではありますが色・デザイン・素材など、今からの季節にも応用できそうなものがかなりあります。他の方とかぶりたくない、自分のスタイルを確立したいなど、個性を生かしたい方に初秋のファッションは最高なバイブルとなるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

色見 このユーザーの他の記事を見る

「最新海外ファッションとファンタジーが大好き❤」海外のファッションチェック歴は約10年。流行も自分に似合うスタイルを探すのもお手の物☆もちろん、海外のコレクションならではの奇抜さや面白さを楽しむのも大好物!!マイブログ⇒http://ameblo.jp/suhi-ruko-mima/

得意ジャンル
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス