記事提供:コイスルカラダ

恋愛・SEX・女性のお悩みに関するコラムを日々お届けしている【コイスルカラダ】編集部です。

「見つめ合うと素直におしゃべりできない」

という有名なフレーズの歌がありますが、恋愛のはじまりではまだ程よくお互いに距離があるため、なんとなく長い間見つめ合って話をするのは照れ臭いものです。

先週末、アラサー女性5人集まってこの話題で大盛り上がりしました。

恋愛のはじまりで照れ臭いのはもちろん分かるけど、そのうち1人が「付き合いが長くなってもなんとなくこの見つめ合って話をするという行為が苦手」だと。

アラサーにもなって乙女か!笑

とみんなからの容赦ないツッコミが炸裂しましたが…
よくよく聞いてみるとそれはアラサー女性ならではの原因が1つありました。


その原因とは…

「毛穴」
です。

若いときはきめ細かくて陶器のような肌だった少女たちも、年齢の洗礼は避けられない。

25歳を越えてきたあたりから、毛穴の開きをなんとなく目視で確認できるようになり…
そして30歳を手前にその毛穴には往年の汚れが溜まり吹き出物が多発したり、小鼻には食べれない熟したイチゴを栽培し始める。

彼女は言いました…

「見つめ合っておしゃべりをするということは、机と机を挟んで話をするということではないんだよ。」

あー半径30cm以内のあれね…恋人たちの聖域。

毛穴の数も数えられちゃう距離という訳です。

そんな至近距離であなたたちは見つめ合って素直に…
いや集中しておしゃべりできるのか!と。

(一同)すみません。できません!笑

そう、見つめ合って素直におしゃべりできない女性のリアル事情には、こんな根深い深層心理があったのではないでしょうか。

そして、女性のリアル事情がこれなら…
男性が見つめ合うと素直におしゃべりできなくなってしまう侘しさの理由は、毛穴の数を数えてしまうからではないかと勝手に納得したアラサー5人衆でありました。

しかし、小鼻にイチゴを栽培していたという彼女も定期的に収穫をしてお肌は現在綺麗です。

定期的な収穫には、毎日必ず化粧をクレンジングでしっかり落とすことはもちろん、もう一つ大事な収穫作業があるのです。

それは…

「洗顔」

です。

もう耳タコかもしれませんが、洗顔でおすすめなのが、たっぷりの泡!
そして冷水で引き締めからの化粧水での保湿という、当たり前のルーティンケアですよ。

見つめ合うと素直におしゃべりできないのは…
照れ臭くて恥ずかしいからではない。

毛穴の数を数えられちゃうのが恥ずかしいからだ。

見つめ合っておしゃべりする相手に侘しさを感じさせないためにも、アラサーのみなさん、毛穴のケアは念入りに。


▼こちらもおすすめ▼

コイスルカラダとは】
恋愛やSEXについてよく分からないまま大人になってしまった女性のための、恋愛・SEXウェブマガジン。
セフレを好きになってしまった、別れた彼をずっと引きずって次の恋愛に進めない、今更セックスのやり方を誰にも聞けない、恋愛したいのに出会いがない…
そんな、恋愛やセックス迷子の20~30代の女性をターゲットにし、最新情報をお届けするメディアです。

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス