初対面の人、特に異性に競馬が趣味ですと自信を持って告げるにはどうしたらいい?

皆さんの中には、こんな悩みを抱えている人はいないでしょうか?

「趣味は競馬です!!!」

…と自信を持って言えない。

世の中にはギャンブルをものすごく毛嫌いする人々がおられます。
それがもし初対面で仲良くしたい人や、今後うまく付き合っていきたい人に
とりいるのにお互いの趣味などを話すときにはとてもマイナスになってしまいますね。

ところが、私のようにこれといって競馬ほかギャンブルと社会的に認知されているマイナス要素の趣味しかもっていない人はいるのではないでしょうか?

そこで、どうしたら自信をもって「趣味は競馬です!」と言えるか?を考察していきたいと思います。

趣味=競馬と話した瞬間に嫌な顔されてしまうと、もうこの議論はおしまいになってしまうのですが。

向こうが少しでもこちらに好意を抱いてくれそうな方にとっては、言い訳のチャンスが与えられますね!
「競馬のどんなところが好きなんですか?」
とでも質問してきてくれたらしめたものです!
その時の切り口としては、まず大前提で競馬=ギャンブルというイメージの払拭からはじめなきゃならないでしょうね!
そもそもなんで、ギャンブル=悪というイメージなのか?
お金が絡むからでしょうね。そこから派生して、もし結婚や娘の婿入りを考えている女性や親御さんからしたら、お金を浪費してやがて家庭崩壊というダダすべりなシナリオを安易に想像されてしまうから良くない印象を与えてしまうのでしょう。

なので、競馬のギャンブル以外の側面を美しく伝えることが重要です!
競馬=スポーツ、競馬=人と動物の絆の物語、競馬=それぞれの人の人生模様。
競馬=爽快感。

例えば…こんな風に会話してみてはいかがでしょうか?
「競馬をご覧になったことがありますか?」
人それぞれに競馬が好きな分野は違うかとは思いますが。
受け入れられやすいのは、やはり感動物語でしょう。
生まれつき脚が曲がっていて期待されていない馬がいて
そんな馬に携わる人達が一生賢明ケアし、レースができるまでにこぎつけると
快進撃を続けついに、大きい賞金レースに勝つことができた例などを
熱っぽく語るのです。
そして、そんな馬とその馬にかかわる人々の姿をみて、自分に重ね合わせると。
大きな挫折を味わっても、努力すれば這い上がれるという教訓を競馬が教えてくれたのです!とでも結べば、お相手の競馬に対するイメージも少なからず良いものに変わっていくでしょう。

と、このようにギャンブルをうまく脚色して人生経験を豊にするものである旨のストーリーを語れるようになれば、「趣味は競馬です!」と自信をもって話せることと思います。

そして、そのために競馬のロマンのお話しを集めていくのもおもしろいかもしれません。

どうでしょうか?参考になりましたでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ディングル(馬券狂いさん) このユーザーの他の記事を見る

競馬好きの永遠の駆け出しライターです。
常に、お金をどうやったら効率よく稼げるかを探求しているが
いつも徒労に終わる情けない人間です。
しかして、その失敗を糧にして、
日々人生経験を豊にしていると自負しているスーパーポジティブピーポー!
そのような身分です!どうぞよろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 音楽
  • マネー
  • 社会問題
  • エンタメ
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら