クリスとホームレス男性

出典 http://www.today.com

隣で演奏するクリスと、ホームレスの男性

28歳のクリス・リーミーはシンガーソングライターとして音楽業界で成功し、大手レコード会社とも契約を結んでいる。たいていのミュージシャンならば、自分がビッグになることをいっそう追求するであろう時期に、彼がしたこととは。。。

クリスは、「He Plays For Me」というホームレスのためのキャンペーンを立ち上げたのだ。彼は、ホームレスの人々のための募金を集めるため、NYで週に一度ギターを弾く活動をしていた。昨年に活動を始めてから、すでに6000ドル集まっている。

チャリティーを始めたきっかけについて彼はこう言った。「去年、ある夜地下鉄に乗ってたら、物乞いしてるホームレスの女性が近寄ってきて、僕のギターを指さしてこう言った。『私にもギターがあれば、人にお金をもらうのはもっと簡単なのに。』つまり、楽器を弾ける人は、弾けない人より募金を集めやすいってことなんだ。」

彼女との会話にヒントを得て、彼は週末に何人かのホームレスのところへ行って、隣でギターを弾いてみると、実際に募金がもらえることに気づく。彼は、そうして得た募金をホームレスにあげることにしたのだ。

彼は、こうしたチャリティーを通してホームレスの1人1人から聞く話こそが、最高の恩恵なのだと語る。「隣に座らせてもらったホームレスに、演奏で得た募金を渡すと、僕と半分ずつにしようとする人もいる。雨をしのぐ屋根もないのに、人とシェアする気持ちがあるんだ。。」

競争の多い現代社会では、つい自分のことばかりに意識が集中してしまう。働ける喜び、普通に暮らせるありがたさすら忘れてしまうこともある、、。そんな時、バッグ一つで暮らすホームレスの人々と、彼らと喜びを分かち合うクリスから、「分け合う」大切さを今一度、教えてもらったように思う。










この記事を書いたユーザー

りょうこ このユーザーの他の記事を見る

翻訳者で英語コーチ、一児の母。海外ドラマ、ドキュメンタリーを中心に字幕・吹き替え翻訳、英語コーチングを主に行っています。翻訳を通して知った、再確認した英語表現などをアメブロhttp://ameblo.jp/tomokichi706/  に掲載中。趣味はジムでのエクササイズと、海外メディアの読み漁り。多忙な毎日、ドライな社会でも、希望を持てて感動できる記事をお届けします。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • 感動
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス