2人の女子高生が描いた黒板アート

学校やオフィスなどで使用するホワイトボードや黒板などを取り扱う日学株式会社が、昨年『日学・黒板アート甲子園』プレ大会を開催し、多くのメディアで取り上げられました。

そんなプレ大会に出場することを決めた、高知県立高知西高等学校の女子高生2人組がいました。

2人は「かさぶたず」というチームを組み、学校行事などで良く描いていたという黒板アートで、卒業をテーマにして高校生活3年間の思い出を鮮やかに描きあげました。

二人の作品がこちら

出典 http://kokubanart.nichigaku.co.jp

行事でもよく黒板に描いていたので、卒業を機に高校で一番印象に残る部活動をテーマにしました。仲間の繋がりをバトンに表し、背景は様々な部活の一場面をイメージしました。チョークが足りず買いに行ったり、早朝に行ったりと大変でしたが、それも思い出となりました。

出典 http://kokubanart.nichigaku.co.jp

一番印象に残っているという部活動をテーマに描い作品は、なんと最優秀賞に輝きました。

もう一つの卒業アート

そんな2人のもとに、ある日、作品制作の依頼が届きました。

それは、3人組のアーティスト「WHITE JAM」の楽曲『咲かないで』をイメージして、黒板アートを描くという内容。

『咲かないで』は、“10,000人に唄われた卒業ソング”として話題の楽曲。

そんな『卒業』をテーマにしたこの曲と共に、「かさぶたず」の2人は制作に取り掛かりました…。

出典 https://www.youtube.com

紙に描いた絵を基にして、下書きをしていく2人。

出典 https://www.youtube.com

下書きを終えてイラストを描き始めます。

そして、左上には「誰かが笑うと 世界のどこかで 誰かが代わりに泣く」という『咲かないで』の歌詞が。

出典 https://www.youtube.com

笑いながら楽しく描きあげられる黒板アートは…

出典 https://www.youtube.com

数時間に及び…

出典 https://www.youtube.com

最後は歌詞を桜の花で埋め尽くして…

出典 https://www.youtube.com

完成しました。

青空の下に咲き誇る桜の木を、別れを惜しむように見つめる男女の生徒たち。

なんだかジーンときますね…。

そして…

黒板アートは“消す”までがアート!

ということで…

出典 https://www.youtube.com

何時間もかけて描いた黒板アートを消していく2人。

しかしその顔には笑みが溢れています。

出典 YouTube

最後は消えてしまう黒板アートの儚さと、桜が咲く頃にやってくる別れ=卒業とが、すごくマッチした素敵なMVに仕上がっていますね。

なんだが聴いていて切ない気持になってきました…。

もうすぐ卒業の季節ですね。学生のみなさんは、残りの学校での生活を楽しんでくださいね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス