日本では玄関のドアは外向きに開く

そういえば海外では内開き

その違いには理由がある

海外では防犯上、内側に開くそうです。

西欧のドアが内開きである理由ですが、これは防犯上の理由からだといわれています。不審者が無理やり中に入ってこようとしたとき、内開きのドアなら全体重をかけてドアを押して閉め、さらに家具を立て掛けるなどすれば、侵入を防ぐことができるからです。

出典 http://shinnikkei.lixil.co.jp

日本は内開きだと脱いだ靴がじゃまになります。

日本では玄関で靴を脱ぐ習慣があるからです。もし内側にドアが開いてしまうと、脱いだ靴などが邪魔をして開閉がとても不便です。

出典 http://shinnikkei.lixil.co.jp

雨が降りやすい日本、気候の違いもあります。

ドアに付着した雨やホコリなどのゴミも、外開きにすることで室内への侵入を防ぐことができます。雨が続いたり台風がやってくる日本の気候からも理に適っているといえます。

出典 http://shinnikkei.lixil.co.jp

日本では近所付き合いを優先しました。

欧米で防犯が理由とされたのに、それが日本ではあまり大きな理由とならなかったのは、ドアが普及した頃の日本の牧歌的な空気が関係しているのかもしれません。かつては玄関に鍵をかけることなく出かけ、また近所の誰もが気軽にお邪魔するのが当たり前でした。そうした安全が前提のころには、防犯よりも靴を脱いで家に上がる習慣の方が重要だった、ということかもしれません。ただ最近では、玄関スペースを充分に取り、内開きのドアを採用しているお宅もあり、変化を感じます。

出典 http://shinnikkei.lixil.co.jp

オフィスやホテルなど公共施設は例外

オフィスやホテルは例外だそうです。

公共のホテルやオフィスビルなどです。これは防災時に避難経路の妨げにならないよう通路側にはドアが開かないようにしているのです。

出典 http://shinnikkei.lixil.co.jp

実は日本でも内開きが増えている?

実は、先の東日本大震災で東北地方を襲った津波、あるいは豪雨による洪水などが起きたときも、「内開き」のドアのほうが安心なのです。
なぜなら、外部に大量の水が押し寄せたとき、「外開き」のドアは外部からの水圧で開かなくなる恐れがあるため。この点、「内開き」であれば、水圧にかかわらず、開けることができます。

出典 http://www.alsok.co.jp

いかがでしたでしょうか

普段あまり気が付かない事にも意味があるのですね。
また、海外では防犯以外に「お客様を迎え入れる」という意味もあるそうです。
外開きではお客様が一歩下がらなくてはならないですからね。

日本でも内開きが増えているようですが、ドアの交換もそう簡単ではありませんね。
その場合はドアチェーンをかけるなどして防犯対策を万全にしましょう。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス