こんにちは、たかひろです。
今日は、「読まれる記事のコツ」についてお伝えします。


具体的に話をするので、今から話すことは
必ず実践して下さい。


まず、“ブログに何を書くのか”
ある程度の方向性を決めることです。
ビジネスを持っている方は、
その事について書いていけば良いです。


中には、”何を発信するのか”、
決めきれていない人も多いでしょう。


そういう方は、「自分の棚卸し」をして下さい。
僕なんかは日々書きたい事が多すぎて、
書く時間がなく書ききれないくらいです。
で、人の人生は「十人十色」です。


みんな違う経験をしているのですから、
書くことなんていくらでもあるんですよ。
一度自分の経験を棚卸ししてみて、
他の人が知りたくなる知識や経験を、
あなたも持っているはずです。


『人生すべてが普通で…』やけど、
超人レベルに趣味を極めていたり、
凄い金融の知識を持っていたり。


『僕はフリーターだから…』って言いながら、
世界を回った経験があったり。
で、最悪無ければ勉強して、
知識を勉強すればいいんです。


そして、情報発信で気をつけるのは、
自分の自己満の投稿になってはイケナイコト。


例えば、「どこどこに行って楽しかった」
「何々でこれだけ稼いだ」
「昨日はこんな事して楽しかった」
こんな記事見て楽しいでしょうか?


極意としては、
・役に立つ、タメになる
・面白い、元気になる
・感動する、共感する
読者が記事を見ることによって、
何かしら土産を持って帰れる様にすること。


最初の僕の質問に戻りますが、
恐らく皆さんも僕の投稿を見てるのも、
何かしらの感情があるからだと思います。


要するに、『全部が揃ってなくていいので、
お土産を持ち帰れる投稿にすること。』
この要素を持っていると、
読まれやすい記事になります。


そして、一定の軸を持って発信すること。
僕がオススメするのは、「メインテーマ」
「サブテーマ」「人柄」僕の場合だと、
「メインテーマ」は、自己啓発やマインドについて。


「サブテーマ」は、僕の体験談、経験談、
情報など。「人柄」は、日常的な話、
自分の写真。特に『人柄が覗ける記事』が大事です。


当然ですが、ブログを書いてる人がどんな人なのか。
これは非常に重要になってきます。

特に現代では、コモディティ化が進む
マーケティング世界から、一歩抜け出す為の
武器になるからです。


ただ機械的に情報を提供するだけでなく、
著者の人なりが見えてこそいいいんです。
とは言っても、人柄だけだと、
ただのツマラナイ記事になってしまいます。


だから、8:2くらいの割合で、
8割がメインテーマ、サブテーマです。
それを意識して 発信 して下さい。


それは、スポーツでも勉強でも一緒で、
2割の遊び、息抜きが必要ということです。
僕は人生レベルでそう思っていて、
「8割の本気」と「2割の遊び」が良い。


10割が「真剣・本気」だとツマラナイ、
少しくらいは「遊び心が」が必要なんです。
だから、「2割程度の人柄」が必要です。


この辺のバランスが非常に大事なので、
最高にいいブレンドにするのは自分次第です。
そして、何よりも大事なのは、
「自分らしさ」のある記事にしましょう。


まとめると、方向性を決めたブログにして、
お土産になる投稿・発信を意識して、
2割の人柄で自分らしさを醸し出す。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
たかひろ

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス