ジブリの宮崎駿さんもファン フンデルトヴァッサーとは?

フリーデンスライヒ・レーゲンターク・ドゥンケルブント・フンデルトヴァッサー(Friedensreich Regentag Dunkelbunt Hundertwasser、1928年12月15日 - 2000年2月19日)はオーストリアの芸術家、画家、建築家。本名はフリードリヒ・シュトーヴァッサー(Friedrich Stowasser)。
日本では「フンダートヴァッサー」「フンデルトワッサー」という呼び方も多く用いられる。日本語での号は姓を直訳した「百水」。色鮮やかな外見、自然と調和した建築でよく知られる。

出典 https://ja.wikipedia.org

フンデルトヴァッサーの考えること

自然と人間との理想的な関係を実現するための「建築」

出典 http://www.momak.go.jp

美術を通じて理想を実現しようと挑戦を続けてきた、思想家であり実践家であった

出典 http://www.momak.go.jp

三鷹の森ジブリ美術館

宮崎駿さんもファンのひとりでした!

『三鷹の森ジブリ美術館』は宮崎駿監督から「フンデルトヴァッサーのような建物にしたい」という要望のもと建設されたのです。

それではフンデルトヴァッサーの建築物の見てみましょう!

フンデルトヴァッサーハウス

オーストリアのウィーンにある公共住宅です。
彼のコンセプト「自然との共生をテーマ」にして作られました。
壁は漆喰でできているので、子ども達が壁面に自由に絵を描いたりする姿も見られます。

クンストハウスウィーン

ウィーンにあるフンデルトヴァッサーの私設美術館です。

タイル・ガラス・レンガ・木材とさまざまな素材で作られています。
近くで見るとそのおもしろさが伝わってきます。

聖バーバラ教会

オーストリアベルンバッハにあります。
これがまたユニークな教会なのですが、十字の模様は取り入れられています。
世界の宗教の融合をコンセプトとされていて、教会の周りには世界の宗教のシンボルをデザインした12の門が建てられているそうです。

シュッピテラウ焼却場

オーストリアのウィーンにあるゴミ焼却場ですが、まるでお城のようですね。
壁面にはカラフルな絵画が描かれています。

日本にもありました!

キッズプラザ大阪

こちらも曲線が美しいですね。迷路のようなつくりはまるで生き物のようです。
子供たちも楽しそうに遊んでいます。

大阪市環境局舞洲工場

夜はライティングも凝っていて、きれいなんですね!
現在でも多くの人が見学に訪れているそうです。

いかがでしたでしょうか

フンデルトヴァッサーは自然との共存を訴え続け、日本にもなじみの深い芸術家だったのです。
日本でもファンは多いかと思います。
絵画作品も素晴らしいものが多く、またそれも曲線がふんだんに使われていておもしろいです。
ぜひ、一度彼の世界観に触れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス