バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、子どもがルールを破ったとして、ゲーム機をバキバキに折ったとコラムに掲載した問題が話題になっています。

問題の写真はこちらです。

出典 https://twitter.com

2つのDSが、真っ二つに折られてしまっています。なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。

ルールを破ってしまった子供へのしつけ。

高嶋の家では子どもが平日にゲームすることを禁止しており、週末宿題が終わって時間が余ったらゲームをして良いというルールにしていた。にも関わらず、金曜の夜に長男(小学校低学年)がゲームをしているところを発見、怒り狂った高嶋は「ゲーム機を手でバキバキと折った」という。長男は悲鳴を上げ、すごく落ち込んだとしている。また、次男(小学校低学年)も、その日はチェロの練習をしていなかったため、「次男の分もへし折って壊しました」とのこと。そして、「自分で働いたお金で買ったゲーム機を自分で壊す気持ち、あなたに分かるの?あなたはゲームが一生できないことを嘆くより、ママからもう二度と信用されないということを心配しなさい!」と二人に怒ったと明かしている。

出典 http://news.livedoor.com

高嶋さんは、ゲーム機を子供に与えるのは反対派だったのですが、ママ友が長男にプレゼントしてくれた為、公平にすべく次男にも購入されたそうです。

その代わり、ゲームができるのは土曜日の17時~19時限定というルールがあったそうです。

子どもにとって、魅力的なゲームなので、少し厳しすぎる気もしますよね。この問題の賛否両論の意見がSNS上で飛び交いました。

高嶋ちさ子さんの行き過ぎたヒステリック行為が強く印象付けられてしまいましたね。子供にゲームを与えるかどうか、家庭によって方針が大きく分かれるところなので、賛否両論の意見が出てしまったのでしょう。

この問題に対して、ワイドナショーで松本人志さんが言及しました!!

バイオリンを弾いちゃダメって言われてバイオリンを弾いたら、この人はバイオリンをバキバキにするのかな?絶対、バイオリンをバキバキにした写真載せたら、この人は怒ってるよ!!

出典ワイドナショー

「ゲームを作ってる人が、ゲームをバキバキに折る写真を見たらいい気はしない」という作る側の気持ちを考えた松本さん。本当に色んな視点から考えることが出来る広い視野が素晴らしいですね!!!

勝手にすればいいけど、このやり方は僕は嫌だな。ゲームを完全に否定する人間は嫌い。

ゲームに感動することもあるんだぜ、学ぶこともあるし。

出典ワイドナショー

自身もゲームから学んだことが多かったという松本さんは、熱くなってコメントされたのが印象的でした。この松本さんの言葉を聞いて、スッキリした気持ちになれた人も多いのではないでしょうか。

ゲームを最初から終わりまでクリアしたことがあるっていうんなら、いいですけど。ゲーム自体をえらい下に見てるから、1面から最終面までクリアしたことがあるっていう人間ならこんなバッドエンディングは迎えないですけどね。

出典ワイドナショー

ゲームを下に見てる!!というこのコメントには共感した人も多いでしょう。そして、この報道を一言でまとめることができたのではないでしょうか。

元々ヒステリックな人だったのですね・・

ゲームをやったことがあるという人であれば、ゲームをしたい子供の気持ちも痛いほどわかりますよね。子供らしい遊びをしてほしい!という教育方針の家庭もあるでしょうし、ゲームを与えるか、与えないかも家庭によって意見が分かれるところです。

ルールを作っている家庭も多いようですが、ルールを破ってしまった時には感情で怒るのではなく、冷静に子供と話してわかってもらうということも大切だったのではないでしょうか。

「物を大切にする」という事も、親であれば子供に教えるべきことなのではないかと、筆者は感じました。

高嶋さんはSNSでお子さんの話題もたまに載せていますので、チェックしたいところですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス