こんばんは。マイケルです。

前のブログでも書きましたが、私は卓球をやっています。
その一方、1年ちょっと前からゴルフも始めました。で、
最初は1番ウッドだけはちゃんと打てたのですが、最近
までアイアンが上に上がりませんでした。

しかし、何冊かゴルフ雑誌を買って研究して、打ちっぱな
しで練習したところアイアンが打てるようになりました。
その雑誌で、イ・ボミ選手のスイングが載っていていいな
と思ったので、インターネットで拾ったものを掲載します。

私が改善したのは左腕の使い方です。このイ・ボミ選手の写真
のように左腕をバックスイングからフォロースイングまでほと
んど曲げないようにしたのです。

特に初心者は、バックスイングの時に窮屈になって左腕が曲が
ってしまいがちですが、それを我慢して左腕を真っすぐ伸ばす
ようにしてボールをすくい上げたらちゃんとボールが上に飛ぶ
ようになりました。

なお、イ・ボミ選手の場合、右腕もほとんど曲がっていません
が、右腕は若干曲がってもいいようです。基本的には3番から
9番まですべてのアイアンでこのスイングスタイルが応用でき
るようです。

また、石川遼選手などは1番ウッドを打つときも左腕をほとん
ど曲げていません。なので、この打ち方は1番ウッドや3番ウ
ッドにも応用できるかも知れません。

ちなみに私は、昔バスケットボールと草野球もやっていました
が、もういい歳なので引退しました。まあ、たまにバッティン
グセンターに行って打撃練習をやったりはしますが。

ということで、ゴルフをされる方は是非この打ち方を参考にし
てみて下さい。私も早くコースに出て100を切れるレベルに
なりたいと思います。

ということで。ではでは。

この記事を書いたユーザー

マイケル このユーザーの他の記事を見る

約1年前まで弁理士やってました。今は塾講師、家庭教師をやってます。
趣味は卓球、ゴルフ、野球、バスケと多趣味です。
英語、物理、資格、国際問題、歴史、スポーツ、フィギュア、プラモデル
など、なんでもネタにしていきます。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス