こんばんは。マイケルです。

私は、中学校の時と高校2年生の途中まで卓球部でした。
また、大学では卓球サークルに入っていました。で、中学
時代は福岡県大会3位の中学校の主将に勝つなどそこそこ
強かったのですが、社会人になってから卓球から遠ざかっ
ていました。

しかし、ある事情で体調を崩してリハビリ的に卓球をまた
やり始めて卓球の楽しさに目覚め、約1か月前に卓球を
本格的に再開しました。

私は元々ペンホルダーだったのですが、本格的の卓球を
再開してからシェイクハンドに転向しました。なぜかと
言うと世界的にも日本の国内的にもトップレベルの選手
は、ほとんどシェイクハンドだと知っていたからです。

例えば、世界ランキング1位の馬龍選手もシェイクハン
ドですし、日本の石川佳純選手もシェイクハンドです。
また、福原愛選手も水谷隼選手もそうです。

で、私はというとシェイクハンドに転向して格段に強く
なりました。バックハンドはもちろんのこと、フォアハ
ンドのスピードドライブもすっとよくなりました。

まあ、これは約1か月間卓球教室に通ってコーチに特訓
してもらった賜物でもあるのですが、バックも振れるし
後ろに下がってもプレイ出来るし、悪いところはほとん
どありません。ということで現在、年代別で東京都大会
の代表になることを目標としています。

ところでタイトルの件ですが、最近のラバーの進化は
すごいですね。私は昔スレイバーというラバーを使って
いたのですが当時としてはそこそこいいラバーでした。

しかし、シェイクに転向してからファスタークのC-1
に変えてみたら、その回転力や反発力に驚きました。な
んか、思いっきりスピードドライブしてもボールが自分
の方に戻って来ますからね。

あと、ボールですが今年からセルロイドからプラスチッ
クに変わるとのことで気にされている方は多いかも知れ
ません。

まあ、プラスチックボールはセルロイドボールより弾く
というか反発力が強いので台からオーバーしないように
抑えめに打つ必要があると思います。

また、プラスチックボールになってから、メーカーに
よって打球感が全然違うという意見が多く聞かれます。
私は、一応ニッタクの3スターとバタフライの3スター
を買いました。

で、両者を打ち比べてみると確かに違います。ニッタク
球は打球感が柔らかいのに対してバタフライ球は硬いと
いう感じがします。

また、バタフライ球は反発力が若干高いのかニッタク球
に比べて弾くような気がします。なので、抑え気味に打
ってオーバーしないようにしなければいけないと思いま
す。

また、打球音も違ってニッタク球は従来のセルロイド球
と音があまり変わらないのに対してバタフライ球は金属
音のような音がします。

ずいぶん長文となってしまいましたが、最後まで読んで
いただきありがとうございました。最後に私のラケット
とニッタク球とバタフライ球の写真を載せて終わりにした
いと思います。

フォア側(ファスタークC-1)

バック側(マークⅤ)

ニッタク3スター

バタフライ3スター

ということで。ではでは。

この記事を書いたユーザー

マイケル このユーザーの他の記事を見る

約1年前まで弁理士やってました。今は塾講師、家庭教師をやってます。
趣味は卓球、ゴルフ、野球、バスケと多趣味です。
英語、物理、資格、国際問題、歴史、スポーツ、フィギュア、プラモデル
など、なんでもネタにしていきます。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス