持った感じからしてずしっとした、ヤマザキさんが得意そうな仕様の物件です。
同シリーズは過去にも拙ブログで採り上げたことがありまして(末尾リンクご参照)、かなりヘヴィだったんですが、この子もおそらく同様でしょうねえ。


外装全景

栗のアップ写真を施したパッケージ。シロップがけスポンジ、マロンあん、パイ…と各パーツからして、既に重々しい印象がありますな。


栄養成分等

熱量411kcal、ナトリウム180mg(食塩相当量0.45g)、脂質12.6g。それなりの熱量ですが、このクラスなら菓子パン類に結構あるし、めちゃ高いというほどでもない。脂に至っては、むしろ少ない目でしょうか。


ブツ(表裏・大きさ)

シリーズ特有の長辺水平スリット。七味ビンとほぼ同じ長さでして、底面積はあまり大きくありません。


ブツ(側面)

トップ部のテリは前から比べるとちょっと減じた印象がありますなあ。具のシロップがけスポンジはポテトサラダに見えたりもする。


ブツ(内部)

最初から中見えてますけど、一応切ってみた。ポテサラ感さらにアップですな。マロンあんとやらが、ベーコンに見えたりもして…。


食べてみました

いただきますと…、う~む、実に極めて相当ずし~っと来ますなあ。側面の見た目通り、パイはほとんど仏パンの皮みたいなもんでして、内容としてはシロップ浸しのスポンジと餡ということで、見事にどっしりちゃんであります。

そのスポンジ部が割とドライな感じでして、結構口ん中の水分が持っていかれるタイプ。甘みはさほど強烈ではないけど、やはりこれも重々しいという表現になりますかねえ…。マロンに関してはその存在をほぼ感じ取れませんでした。前の物件をはっきり覚えてるわけではないけど、概ね同じような味付けだったかと思いますな。何にせよ、ごくごく普通に甘重ウマイ一品でした。





この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス