花澤美蘭(蓮佛美沙子)を幸せにすることを求める紀一郎(渡部篤郎)。
大道寺保(遠藤憲一)はそのプレッシャーから自信を失ってしまう。

そのやり取りを見ていた美蘭はあきれて立ち上がる。
そして怒鳴りながらこう言った。

「誰が幸せにして欲しいなんて頼んだ? え、私?
私、一言もそんなことは言ってないよ。

(中略)

幸せってそんなものなの?
誰かにしてもらうものなの? 違うでしょ。
自分で幸せになるんでしょ。
私は自分自身で幸せになるよ。
そのために保ちゃんを選んでんだよ。」

(花澤美蘭「お義父さんと呼ばせて」第3話)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら