「どうも。」
その男が言つた。
「どうも。」
伊原も返す。
「君も新入生かい?」
高峰が言つた。
「はい。宮木といいます。」
「宮木くんね。私、ここの寮長の高峰です。
じゃあ、一緒に案内しよう。」
高峰は手に持っていた紙を見た。
「宮木君は303号室だね。なんだ2人とも
隣同士じゃないか。」
「よろしく。」
宮木が微笑みながら言つた。
「よろしく。」
伊原も返した。
「じゃあ一緒に来て。」
伊原と宮木は高峰の後をついていった。

この記事を書いたユーザー

Musicalyoi このユーザーの他の記事を見る

ミュージカル、小説家を目指したブログです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス