暑い季節はどうしても冷たいもので胃腸が疲れ、夏バテになってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな皆さんに、今回は夏バテを解消するハーブティーをご紹介します。
暑いですがぜひホットで楽しんでみてくださいね。

ローズヒップ

疲労回復や風邪の予防に適したハーブティー。
ビタミンA・B・C・D・E・Kなどを多く含むため、ビタミンの爆弾とも呼ばれています(ローズヒップの果実は手榴弾のような形)。
中でもビタミンCはレモンの10~20倍を含み、メラニン色素の生成を防いでくれるので夏の紫外線対策にも効果的。

美肌・美白に利き、お通じをうながし、抗ストレスにも良いとされています。
香りは甘く、味はほどよい酸味で甘酸っぱい味を楽しめます。

ハイビスカス

疲労回復効果のあるクエン酸をたくさん含むハーブティー。
身体がだるい・重い時はもちろん、スポーツ時・スポーツ後の水分補給にも効果的です。
また、利尿作用があるのも特徴で、むくみや二日酔いの解消にも効果があります。

独特の甘い香りと、さわやかな酸味が楽しめますが、その酸味が苦手だと言う方も少なくありません(クエン酸はお酢や梅干しなどに含まれる成分です!)。
苦手な方は、ハチミツやシロップを入れてみましょう。

レモングラス

胃腸の調子を整える作用を持つハーブティー。
食欲不振・腹痛・お腹の張りなどの解消が期待できます。
また、集中力を高める効果もあるので、暑さでぼんやりしている時・仕事や勉強に力を入れたい時にもおススメ。

その名の通りレモンによく似た香りがする一方で、酸味はまろやかです。
ハーブティーが苦手な方も美味しく飲んでいただけるでしょう。
発汗促進作用もあるので、ホットで飲んだ後は涼しさ倍増です。

ペパーミント

こちらも胃腸のトラブル改善に役立つハーブティー。
消化を促進するため、食べ過ぎ時や飲みすぎ時に効果的です。
また、メントールの香りが脳を刺激するため、イライラの解消(鎮静効果・精神案的作用)や頭痛の改善、歯痛(虫歯)を緩和する効果も。

ハーブでは珍しく水出しができるため、アイスティーにしやすいことも特徴だと言えるでしょう。
吐き気を和らげてくれるので、乗り物酔い対策にもなります。

ということで、4種類のハーブティーをご紹介しました。

とはいえ、ハーブティーの世界は奥深いもの。
有名なものだけでも数十種類あり、ブレンドをすればその種類はさらに多種多様です。
ぜひ自分に合った1杯を見つけてみてください。

ちなみに、ハーブティーは効能があるだけに、飲みすぎると身体に良くない作用が出る場合もあります。どうぞ、ご注意を!

この記事を書いたユーザー

starglory このユーザーの他の記事を見る

通信制大学にて心理学を専攻していましたが、どうにか2014年の3月に、無事に卒業となりました。

虐待(近親姦含む)や性暴力被害、デートDVや共依存の泥沼などにより病み、カウンセリングと投薬によって治療中です。

統合失調症
複雑性PTSD
自閉症スペクトラム障害
…この3つが複雑に絡み合ってるっぽいです。
摂食障害とかもあります。

2012年の夏まで3年半ほど、学習障害を抱えた生徒たちのための、寺子屋式の塾にて働き抜きました。

権利侵害申告はこちら