SF作家小松左京(1931〜2011年)の作風を人工知能で実現する最先端技術が話題となっているようです。人工知能がテキストデータを解析し、長編小説を執筆するというもの。

AI作家の誕生も近い…

この数十年で、AI技術は遥かに向上。Google社も自動運転の自動車を開発し、商品化を目指しています。音楽や執筆などのクリエイティブな領域にも、人工知能は本格的に足を踏み入れようとしています。

SF作家小松左京とは…?

小松左京といえば、「日本沈没」や「首都喪失」といった長編小説をはじめ、短編小説、エッセーなど多岐にわたっています。これらのテキストデータを人工知能を研究する松原仁教授らのグループが分析するようです。

人工知能が短編小説を創作

松原仁教授らのグループは2012年から短編SF小説の神様といわれる星新一さん(1926~1997年)の1,000作品を解析し、人工知能に短編小説を創作させる研究を進めています。このプロジェクトでは2017年ごろに新作の発表を計画中です。

出典 http://univ-journal.jp

プログラム化が難しいと言われている、人間の感性を分析。長編になれば、よりその難易度は増すようです。

いかがでしたか。ライブラリを運営する遺族は、未完の遺作「虚無回廊」を人工知能が完成することを望んでいるようです。数年後にはAIと生活が密着する時代が来るのかもしれません。

これはすごい!と思った方はぜひシェアしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

最新トレンド情報に日々踊らされる有名キュレーターsumalu。ホリエモンこと堀江貴文元社長が手がけたグルメアプリteriyakiの公認アンバサダーやLINE公認のスペシャリストブロガーとして総合アクセスランキングで1位を獲得。手がけるジャンルは最新ニュースから、ネタ系ニュース、漫画、2ch、海外、女性向け記事、男性向け記事、イケメン、美少女、占い、芸能、芸能裏事情、インディーズ、音楽、VOCALOIDなど多岐に渡る。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス