気持ちいい朝を迎えていますか?

プチ断食、食生活は身についていたんですが、アルコールを口にするようになってから、お腹いっぱい食べる癖が。それと同時に、あの、朝から走り出したくなるような感覚を手放してしまいました。

あの爽快な感覚をもう一度

プチ断食を、通常の生活習慣にしていた時は体が軽くて軽くて。頭も回るし、仕事も倍の速度で回していました。あの爽快な感覚をもう一度求め、再奮起、乱れてしまった食生活を建て直し中です。

プチ断食再開1週目

あの爽快な感覚のしっぽをとらえた感じです。4日目に、体が軽く、爽快な感覚を味わいました。

危機発生!食べたい衝動

ただ、その日の夜は大好物が食卓にならび、ルールを破り、お腹いっぱい食べてしまいました。その翌日は顕著です。体の感覚は元に戻ってしまっている(通常、フツ―な状態)のです。

食べたいときは食べよう!

ここがポイントです。プチ断食をずっ続けると、胃も小さくなります。胃が小さくなると、自然と量も食べられなくなりますが私は嫌です。私はダイエットのためにやっているのではなく、体調管理のため。(あのスーパー快適な生活をするため)。なので、1週間に1回、2回はルールを破って食べるのも気にしないんです。後悔しちゃだめです。

人には「満腹の快感」があるんです。

だから、食べ過ぎた事を後悔したり、自分の意志の弱さを責めたりすると辛くなりストレスになります。ストレスを感じながら我慢するのは逆効果。食べるときは食べちゃう。しかも思いっきり。

一度、あのスーパー快適感覚を味わったらまた自分でまた戻したくなるんです。

ストレスを感じながらのダイエットは続かないでしょう?だから、まずこれはダイエットじゃない。あの快適感覚を味わうためなんです。プチ断食を続けていたら、体が快適になるおまけに体重も減ってスリムになるんです。

だけど、一度だけは頑張って、体が軽いスーパー快適な感覚味わえるまでプチ断食続けてみてくださいね。早くて3日、長くても30日くらいで味わえます。

空腹感=頭がさえ、体が軽い⇒気持ちいい

っていう感覚を味わうと

空腹=気持ちいい

が芽生えます。この感覚をつかんだら、我慢するダイエットとは違って苦しい思いがなくなるため自然と実行できます。気づいたら体もスリムなっちゃうんです。

この記事を書いたユーザー

企業戦士 このユーザーの他の記事を見る

資産・お金を増やすことをテーマに、日経平均株価予想をしています。

得意ジャンル
  • マネー

権利侵害申告はこちら