映画評論家のおすぎ、ファッション評論家のピーコはTBSラジオに出演して依頼、オカマの双子として人気を博し、テレビやラジオに引っ張りだこでした。しかし、ある時からその出演もなくなりました。その理由と壮絶な過去に迫ります。

おすぎ&ピーコの黄金時代

1945年生まれの一卵性双生児である、おすぎとピーコ。1975年頃からオカマキャラ全開で番組に出演し活躍していました。ギネスブックにも掲載された「笑っていいとも」のレギュラーをはじめ、日本テレビのワイドショー「ルックルックこんにちは」など人気番組に出演していました。

映画評論家のおすぎ&ファッション評論家のピーコ

映画専門誌に寄稿するなど、映画評論家を本業としたおすぎ(写真右)。また映画雑誌の編集や制作なども行いながら、テレビやラジオでタレント活動を開始。一方、ピーコ(写真左)はファッション評論家やシャンソン歌手などの顔をもっているようです。最初はおすぎの裏方として働いていましたが、番組スタッフから二人で出てみないかという提案があり、「おすぎとピーコ」で本格的に活動を始動。すると瞬く間にその独特なキャラクター性が話題となり、オカマ全開キャラの人気は衰えることはありませんでした。

しかし、ここ数年でテレビから消えた…?

"ファン"とまではいかないまでも、テレビで活躍していた「おすぎとピーコ」がここ数年でテレビから見なくなり心配する声が寄せられています。

壮絶な過去「罵声を浴びる日々があった」

お寿司屋に入った時のこと、板前さんに「お前に食わす寿司はない」と言われお店を後にすることは日常茶飯事。新宿2丁目では「(テレビで)汚い顔さらしてるんじゃないわよ」と罵声を浴びることもあったそうです。

美輪明宏も批判「この馬鹿者ども!」

「同性愛の偏見と戦ってきた」という美輪明宏は、「どーせ私たちオカマだから」と同性愛の偏見を助長するような芸能活動を行うおすぎとピーコを「この馬鹿者ども!」と厳しく批判し、その後、絶縁したと語っています。

拠点を東京から地方へ

テレビ業界の変化があり、東京から博多へと拠点を移したのです。その変化とは、1つの番組にコメンテーターがこれまで少数だったものが大人数となり、コメントの速さによって番組内で使われるか使われないかが決まるというスタイルになっていったようです。東京の番組スタイルが肌にあわず、現在、博多では昼の情報番組にレギュラー出演を果たしており、博多の他に、名古屋や北海道など地方で番組出演を行っているそうです。一部ネットでは、芸能界から干されたのではという心配の声もありましたが、芸能活動の拠点を移したというのが全国ネットでの露出が減った要因のようです。

44歳のときにピーコさんが左眼を摘出

44歳のときにピーコさんが左眼を摘出。薬の副作用で髪の毛が抜け、死にたいとも思ったと語っています。義眼を入れるには600万が必要だったそうなんですが、永六輔が仲間に声をかけ治療費300万をピーコさんに寄付、そんな出来事をきっかけにピーコの心境にも変化があったようです。

人は一人で生きてるわけじゃない

病気の経験を経て思ったことは「人は一人で生きているわけじゃない」ということだったといいます。自分の同性愛という性的指向の背景もあり、一人で生きていくことを覚悟していたピーコ。しかし、病気の時に寄付してくれた人の中に、自分が嫌いな人が二人いたというのです。自分が嫌いだなと思っていた人、なので恐らく相手にもその感情はなんとなく伝わっていたはず。それでも、その人たちは自分を支えてくれたことを知り、一人じゃないということを感じたそうです。

ネット上でも反響…

そして、現在は…

KBC朝日放送「アサです」のコメンテーターを務めるおすぎ、その他、「おすピーのシネバラ!」や「おすぎのこの映画見なさい!」「スタイルプラス」「ドデスカ!」「れじゃぐる」などなど九州の各局のテレビ番組に出演し活動されているようです。

ピーコさんも九州、関西など地方の番組で活躍されているみたいですね。病気のこともあるのか「おすぎさんに食べさせてもらっているの」とも語っていました。

いかがでしたか。東京から博多へ拠点を移し、第2の芸能人生をスタートしたおすぎとピーコ。大きな病気によって苦悩の日々が続いていたようですが、現在はその経験を活かして、「一人じゃない」という新たな気持ちで生活をおくっているそうです。

感動したという方はぜひシェアしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス