弁士の詭弁と誠意

今国会の野田元首相と現首相の質疑応答を見る限り、
野田氏の誠意ある弁が逃げ惑う安倍氏の良心の呵責に、
突きささるという光景を目にしたように思いますね。
定数削減の件についてですが。
政治家はまたの名を弁士と言いますが、
どう見ても稚拙な発言や非社会的な行動が目に余る状況は、
有権者を愚弄するようなもので、
言うは易く行うは難しというように、数の論理では強大でも、
民意に反した政を行うことは、
そのツケは将来払わされることになるでしょう。
ですから、思考と行動における言語は政治家ならば、
しっかりと認識しておく必要があります。
次回の総選挙が参議院改選と同時に行うという話もありますが、
勝てると思ってやっても、必ずしもイメージどおりにいくとは限らない。
男の約束を守れない弁士は永田町からは退場してもらいたい。






この記事を書いたユーザー

kandy このユーザーの他の記事を見る

時代の潮流を適確にフォーカスし検証します。youTube動画小説向上委員会(7人)。創作小説、コラム、エッセーなどを動画やブログ・メールマガジンで発進中です。仁科広嗣・山本真理亜・澤田由希・倉本貴子・Tom crisis・matia estrogen

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス