香水を見せびらかし、
学苑の外の人とつき合っていることをみんなに匂わせた酒井美和(水川あさみ)。
しかし販売会で事前に買っていたことを真実(中井ノエミ)がばらしてしまう。
「嘘をついてむなしくならないの?」と問いただす真実に、美和が飛びかかりケンカが始まる。

そんなふたりを止めに入った恭子(綾瀬はるか)は、「私たちが勝手に勘違いしていただけだ」と美和をかばう。
そしてこう言った。

「嘘じゃなくて、希望だから。
いいじゃない。ちょっとくらい夢見たって。
うすうす気づいてたって、感じてたって、
はっきり言われるまでは希望を持っていたいって、
そう思いたいもんじゃない?」

(保科恭子「わたしを離さないで」第3話)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス