別に人の悪口を
書くつもりは
これっぽっちもない。

ただ現実を見ていて
「なるほどな、
そうなっているのか。」
と思うことは
実際に起こっている
事実なのだ。

勝っているかのように
知識を語る奴ほど
負け犬だったりする。



我慢の禁煙を
熱く語る人間は
吸いたくて
仕方がない愚か者。

なぜ愚かなのか?
「凄い人」を
アピールしているから。

「私がしてきた努力は
無駄ではなかった!」
と主張するわけだが、
そもそも賢人は
努力を自慢しない。



僕は愚かなまでに
傲慢な人間が
好きでしょうがない。

だが逆に、
謙虚ぶっている愚か者は
大嫌いなのだ。

知識はあっても
知恵が全くなく
他人の考え方に流され
ネガティブにハマる、
そういう奴の主張は
耳に触れるだけで
運気が下がってしまう。



【愛煙セラピー「2166」】 

『世の中の常識や知識を
得意げに語ったところで
偉くも凄くもない。
誰もが気づいていない
小さな感動を発見し、
人に伝えてしまえる人は
本当に凄い。』

2016/02/18
愛煙セラピスト
志村嘉仁

美味いタバコの
吸い方を書くなんて、
「吸わない方法」を
書いていたときには
想像もできなかった。

そのときは嫌煙者からも
好かれかけたが、
あまりにもタバコを
悪だと主張する
その考え方は
肯定できなかった。

たとえ有害だとしても
一時はお世話になった
大切な友をだよ?
なぜそう簡単に
悪者にできるのか、
自分が悪なのに。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら