突然聞こえた悲鳴に驚いた住民

Licensed by gettyimages ®

日曜の夜7時28分。翌日から始まる新しい一週間に備えてリラックスしている家庭が多い中、突如鋭い悲鳴が。

米モンタナ州、グレート・フォールズで只ならぬ悲鳴を聞きつけた近所住民複数が警察に通報。しかも「銃を持ってる!」という叫び声も聞こえたと別の住民からの連絡もあったため、駆けつけた警察官たちが悲鳴のあった家を包囲。

突撃してみると…一家はテレビを見ていた!

Licensed by gettyimages ®

突撃した警察の目に飛び込んできたのは、窓を開けたリビングで大人と子供たちがテレビを見ている光景でした。彼らが見ていたのは「ウォーキング・デッド」。日本でもコアなファンを持つ海外ドラマですが、ゾンビがはびこる世紀末を舞台に描かれているために、内容は結構ホラー。

そんな人気ドラマを見てワイワイ一家団欒中の所へ、武装した警察官が突入したという何とも締まりのない結末だったのですが…。結果的には「ただテレビを見ていただけ」ということだったために調査の対象にもならず、立件されることなく警察官たちは引き上げたそう。

大声で叫びながらドラマを見ていた一家

出典 https://twitter.com

窓を開けたまま、閃光ほとばしる画面に叫び声を上げて大声で一家が「ウォーキング・デッド」を見ているとは、さすがに近所住民も想像できず。家族にとってはいきなり踏み込まれた警官隊の姿にかなり驚いたことでしょう。それにしてもとんだ勘違いで、警察のみなさんも苦笑しながら引き上げたのでは?

包囲して突撃した家では一家団欒のテレビ観賞中、というなんとも気の抜けた出来事であったとはいえ、やはりアメリカ銃社会。近所住民はこうした物音にかなり敏感なのだなと感じさせられます。

そして複数の住民が通報したということも、何かあればすぐ通報というコミュニティの結束が出来上がっているのかも知れません。普段から犯罪防止に協力しあえるようなご近所関係というのもやはり大切ですね。

怖いけど…見たくなる⁉

出典 http://www.amazon.co.jp

以前にも、「家の中にクモが出たので男性が悲鳴を上げて近所住民により通報。警察出動」なんていう珍事もありました。悲鳴が上がればすぐに駆け付ける警察もなんだか大変だな~という気もします。

筆者の周りにもホラー好きがいるので、このドラマは話題になっています。ドラマごときで警察に家を包囲されてしまったこの一家は、後日近所住民にどう対応したのでしょうか。「テレビ見てただけなのに参っちゃったわ!」と笑って済ませるのがアメリカ流なのかも知れませんね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス