現在、野生動物による被害は後を絶ちません。
昨日は保護の観点から書かせていただきました。
さて、被害といえるものにはどのようなものがあるでしょう?
一つ例にとると、毎年北海道では平均して年に二名ほど熊に襲われるということがあります。
人間が山に入って襲われるということはよく聞くはなしですよね。
しかし、襲うからには熊には私たち人間が敵に見えているはずです。
それはもっともだと私はおもいます。熊と人間の立場を逆に考えてみてください。熊にとって山は、私たちにとっての「家」同然です。そんな家に侵入者がいたらどうしますか?私たちは「警察に連絡する」「対抗する」様々な、人間として、動物としての対処をとります。それが熊にとっては「襲う」ということなのです。この行為はいたって普通なことだとおもいます。人間が命を落としても、悪いのはすべて襲った熊にあるのでしょうか。きっとそうではないはずです。
「すべての行動には理由がある」よく聞く言葉です。この通り熊にも理由があって人を襲います。私は、そのことを理解したうえで対策を整え自然に入るべきだと考えます。

ここでは北海道の熊を例にとりました。
しかし、問題はこれだけではありません。
人間に危害を与えた動物はその後どうなているでしょう?
捕らえられたり、場合によっては殺されたりしています。
私はこのようなことを聞くたび、胸が締め付けられます。人も命を奪われたのかもしれませんが熊だって命がけです。自然の中では大きいものが有利なのは誰もが知っていることで、人間のルールというのは存在しません。
対等な立場であるからこそ動物ばかりに責任があるのはおかしいことだとおもいます。

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス