私のライターネームにも使っている「レッドデータ」とはなんのことでしょう?
またレッドデータブックとは?

レッドデータブックとは多くの学術研究に基づいて、絶滅の恐れのある野生動植物をリスト化し、その生物の現状、分布などを明らかにしたものです。
名前の由来は最初に完成したものの表紙が赤だったためだそうです。

では、どのように活かしていくのでしょうか?
私は、まず現状を知ることが必要だと考えます。どのような生物がどこにいて、なぜ絶滅仕掛けているのか、様々なことがこの「レッドデータブック」に載っています。
我が国日本では、「野生生物」という分野では先に進んでいるとは言えません。
今後の教育のためにも「環境省」から出版されたのだと思います。
また、地方によってはその地方独自のレッドデータを作成しているところもあるそうです。自分の住む街にどのような生物がいるのか、同じ住民として見ておく価値は大いにあります。また、テレビのニュースではあまり紹介されませんが、現在も多くの種が絶滅しています。我々人間のかかわりによって絶滅してしまう、その進行は私たちで止めなければならないと私は思います。

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物

権利侵害申告はこちら