「にこにこぷん」をご存知ですか?

NHK教育番組『おかあさんといっしょ』内の人形劇コーナーで1982(昭和57)年から1992(平成4)年まで放送されていました。番組内では、一番長く放送された人形劇なんだそうです。

「にこにこ島」を舞台に、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの3人が、ともに笑い、ときにはけんかをして泣き、またあるときは冒険をしたりする、勇気と友情あふれる物語だ。

出典 http://www.nhk.or.jp

1990年には、人形劇として唯一映画化されるほどの人気っぷり。私も実際に見ていたものの一人です。この3人組をみて、「あ~!」と懐かしさを感じた方も多いのではないでしょうか。

この度「ブランド化」が発表され話題に

なんと、ヒロインの「ぴっころ」が大人女子向けブランドとして展開されることが発表されたのです。まだ詳細は分かっていませんが、ネット上ではその懐かしさから、話題となっていました。
20年以上も経った現在になってブランド化されるなんてすごいですよね!しかも、”大人女子向け”というところが意外すぎます。その話題性の高さから見ても、人気になること間違いなしですね。どんな商品が出されるか今から楽しみです。

そんな昔懐かしい「にこにこぷん」ですが、実は子供向け番組の内容とは思えないほど、複雑な設定があることをご存知でしたか?

メインキャラクターの紹介

ぴっころ

出典 http://blog-imgs-11-origin.fc2.com

本名:ふぉるてしも・ぴっころ
ペンギンの女の子。推定年齢3.5歳。

おしゃべりとオシャレが好きな女の子。少し気が強い性格で、女性を軽視した発言を聞いたらすぐに反論します。ペンギンなのに、泳ぎが下手という一面も。家族と一緒に住んでいるかどうかも明らかにされいません。

ぽろり

出典 http://blog-imgs-11-origin.fc2.com

本名:ぽろり・カジリアッチIII世
ネズミの男の子。年齢4歳。

有名なネズミ海賊「ねこいらず・カジリアッチ」の子孫で、幼稚園の卒園後に一人旅をしていたところ、"にこにこ島"に漂着しました。忍耐力がなく、すぐに「「よよよよ」と泣いてしまいます。しかし、発明好きで便利な道具を作り出す才能の持ち主でもあります。

じゃじゃまる

出典 http://blog-imgs-11-origin.fc2.com

本名:ふくろこうじ・じゃじゃまる
うらおもて山猫の男の子。推定年齢5歳。

力持ちで、親分肌な性格。現実主義なため、ある程度の知恵は備わっていますが3匹の中で自分だけ字が読めないことに劣等感を抱いています。母親の顔を覚えておらず、2匹に届く母からの品物が来るたびに気持ちが沈んでしまいます。

「母親」が近くにいる状況を作っていない

キャラクター設定を見てお分かりの通り、3匹には母親が近くにいません。じゃじゃまるにいたっては母親の顔も覚えていないほどです。
実はこれ、脚本家の井出隆夫さんが「見ている子供たちには、それぞれの家庭環境があるだろう」と考え、主人公のそばに母親がいる状況を作らないようにしてあるのだそうです。

制作スタッフはこのことについて、こう語っています。

「『おかあさんといっしょ』という番組を、おかあさんといっしょに見られない子もいっぱいいるんですね。働きに出ているとか、亡くなられたとか、離婚したりとか、多いと思うんですよ。
(中略)
ただ、母親という存在、おかあさん、ママという言葉を聞いた時の子どもたちの安心感というものは描くようにしています。」

出典 http://www.nhk.or.jp

確かに見ている子供たちが、必ずしも両親とともに見ているとは限りませんよね。それでいて、子供たちが傷ついてしまうこともあるかもしれません。そのことも想定して作られていたなんて、思いもしませんでした。

最後に

幼い頃に見ていた番組が、制作スタッフの心温まる思いが込められていたことを、大人になった今知ることが出来るなんて、なんだか嬉しいですね。NHKの教育番組で、このような複雑な設定がなされていたことには驚きましたが、愛情こもった秘密が隠されていたなんて感動しました。
この番組を当時見ていた方も現在は大人になり、実際にお母さんになっている方もいらっしゃることでしょう。このスタッフたちの子供に対する温もりを、伝えていって欲しいですね。

この記事を書いたユーザー

kaori このユーザーの他の記事を見る

記事をまとめるのが大好きな女性会社員です。気になったことをかいていきます。よろしくお願いします☆

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス