「こんにちは。今日からここにお世話になりま
す。伊原明人と申します。よろしくお
願いします。」伊原は礼をした。
「伊原くんね、よろしく、ちょっと待つてね
男性はファイルを取り出し広げた。
「・・え一、愛媛から来たのかな

「・・え一、愛媛から来たのかな。」
「はい。」
「私、ここの寮長の高峰といいます。どうぞ
よろしくお願いします。君の部屋は3
02号室になるね。」
「はい。」
高峰という人物は受付の外に出てきた。
伊原は後ろに気配を感じ、振り返つた。

この記事を書いたユーザー

Musicalyoi このユーザーの他の記事を見る

ミュージカル、小説家を目指したブログです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス