筆頭の穴山梅雪(榎木孝明)が徳川軍に寝返り、
形勢が明らかに不利になった武田軍。
親類衆のひとりである小山田信茂(温水洋一)は、
「命運は尽きた」と武田勝頼(平岳大)に織田軍に攻め込むことを進言する。

しかし真田昌幸(草刈正雄)は「まだ尽きていない」と言い切り、こう続けた。

「活路はさようなことでは拓けぬ。
捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者にのみ道は開けまする

(真田昌幸「真田丸」第1話)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス