恋人との別れ・・・でもまだ好き!!

恋人とお付き合いしていれも、どちらかの気持ちが冷めた時は別れがやってきます。

その一方で、別れても好きだからヨリを戻したい!そう思う人もいます。

どうしても、相手のことを引き留めておきたい!
そんな気持ちから、実際にやった人がいるイタイエピソードをご紹介します。

お願い!土下座をする!

「もうお願いだから、またヨリを戻して!」
そう言って、女性に対して土下座をした男性!

男性としては、もうこれしかない!と思ったのでしょう。
しかし、ヨリは戻りませんでした。

そりゃそうでしょう!
女性は、土下座する男性を見て余計気持ちが冷めてしまったのです。

決まった時間に自作のポエムをSNSに送った!

なんとヨリを戻したい女性への愛をポエムにして、毎日同じ時間にSNSへ送り続けた男性がいます。
ありがちなのが、ポエムって意外と読むこっちが恥ずかしいというパターン。

案の定、ヨリを戻したい気持ちがこんなポエム重い!
なんで?こんなに送ってくるの?

女性にとっては重いだけでした。

手書きのラブレターを送った!

メールやLINE、SNSの時代の今、あえて自分の気持ちをラブレターとして直筆で女性に送った男性がいました!

なんと、受け取った女性に想いが伝わり2人は再びカップルへ!

そう、ダメなものばかりではないんです!
この手は山本耕史さんが堀北真希さんへ交際0日婚に至る時にした想いの届け方と一緒です。

同じ言葉でも画面で見る文字と相手の想いがこもった直筆とでは、重みが違います!

もし、まだ好きな相手を引き留めたいならここでご紹介したダメな例と良い例をご参考に!


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス