冷えは女性にとって大敵! そんな時は体の内側から温めてくれるジンジャーがおすすめです。
しかし、実は間違った使い方を覚えている人も多数!
今回は正しく使って、心も身体も温めてくれる方法をハーブの専門家、ハーバルセラピストの筆者がご紹介します。

■誤解しているジンジャーの使い方!

皆さまご存知の通り、ジンジャーとは日本でいうショウガのこと。体を温める作用がある為、昔から風邪をひいた時の特効薬などとして家庭でも使用されてきました。

実はジンジャーには、ジンゲロール(ジンゲロン)とショウガオールという成分が入っています。

ジンゲロール(ジンゲロン)の特徴は、冷たいショウガに多く含まれていること。そして、手足など末端の血管の広げてくれる作用があると言われているので、「手足が温かくなった=全身ぽかぽか」と感じてしまうんです。

だけど、実際はどうでしょうか? 体の内側にあった熱が末端に出て行ってしまったら、逆に体自体は冷えてしまいますよね。

しかしながらジンゲロール(ジンゲロン)には、殺菌作用や免疫力アップなどといった健康や美肌に良い効果もありますから、その時々に応じて使い方を変えてみましょう。

■それとは逆に、体を温めてくれるのはショウガオール!

先ほどとは逆に、ジンジャーを温めた時に多く含まれているのがショウガオールです。ショウガオールは胃や腸の壁を直接刺激します。

そうすることで、体の奥深くの熱を作り出したり、血行を促進してくれる働きがあると言われています。その為、体全体が温まるというワケ。

また、ジンジャーを乾燥させることで、ジンゲロールの一部がショウガオールに変化するともいわれていますから、ダブルの効果を期待できます。冷え対策としてジンジャーを取り入れるのであれば、乾燥ジンジャーを使う!ということが、最も効率が良いと言えそうです。

さらにジンジャーには脂肪や糖質の吸収を抑えてくれる効果もあるという研究結果も出ていますので、ダイエットにもぴったり♡

■簡単に取り入れられるジンジャーティー

ジンジャーを乾燥させ、細かく砕いたものがハーブとして「生活の木」や「カリス成城」などといったアロマやハーブを扱うショップで販売されています。
そのジンジャーを使用してジンジャーティーとして摂取すれば、毎日簡単にジンジャーを摂取することができちゃいます。

<作り方>
1、ジンジャー小さじ1をティーパックに入れます。
2、カップに入れ、熱湯200ccほどを注ぎ3~5分抽出したら、ティーパックを取り除きます。
3、お好みでハチミツを加えたら、出来上がり!

ジンジャーが苦手な方は、紅茶と一緒にジンジャーを小さじ1杯ティーパックに入れて抽出し、3~5分たったら取り除くようにしてみてください。
または、お湯ではなく温めたミルクを入れるとジンジャーの辛みが落ち着きます。

これからは、正しいジンジャーの使い方をマスターして、冷え対策を万全にしちゃいましょう!

この記事を書いたユーザー

nosh編集部 このユーザーの他の記事を見る

TBSによる女の子のための情報サイト。ナッシュは間食するという意味です。ファッションも美容も恋愛も、全部イイトコドリしたい女の子のために、ちょっと為になる情報をお届けします♡

nosh.media

得意ジャンル
  • 音楽
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら