ファミマ新作はレーズン練り込み仏パン。仕様としては地味めだが、たっぷりというのがポイントでしょうか。


外装全景

スライスしたフランスパンにレーズンが散りばめてある様子がよく見てとれる透明パッケージ。前にも何かのネタで書いたと思うが、レーズンの茎とかヘタは注意して取ってるけど残ってたらゴメン、ってのはイカンしょう。


栄養成分等

熱量222kcal、ナトリウム330mg(食塩相当量0.83g)、脂質1.0g。割と低熱・低脂ですかな。まあ、パンとレーズンだけですからね。塩はちと多めか。製造はヤマザキ。


ブツ(表裏・大きさ)

同じものを2つ買った訳ではなく、本品、2枚入りなんですな。レーズンのおかげか生地の内側もちょっと濃い目の色ですね。見ての通りレーズン仏パンで、ホンマ特徴ないですなあ…って、2枚パンのこういう絵って見覚えあるぞ…と思ったら、過去に同じようなのをやってましたわ(末尾リンクご参照)。前のはローソン物件で具はチーズでしたが。


ブツ(横・アップ・内部)

横から見ようが寄ってみようが、ちょっと剥いてみようが特に変わった点なし。レーズンは看板通り結構入ってると思れわます。


食べてみました

食しますと…、ドライ風に見えてその実結構な粘りを有する生地の耳部分がヨイですねえ。歯応え派の私にとっては、食感含めて実にウマしです。生地内側に関してはごく普通の仏パンといったところでしょうか。

レーズンについては量が多目ということもあってか、かなり甘めに感じました。濃甘ってとこかな。特に凝った仕掛けがあるわけでもないけど、全体的に芳醇な感じて、ちょっとリッチさすら漂うなかなかウマイ一品でした。



この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら