よく雑誌のいちばん後ろの方に掲載されているダイエットや化粧品、エステの広告に、使用前の写真と使用後の写真が掲載されていますよね。

ダイエット商品の広告なら太っていた写真の横に、痩せた写真が掲載されて、こんなに効果がある! ということを強調しています。また、化粧品やエステの場合であれば、シワやたるみのある顔の横に、若返ったかのような写真が掲載されて、まるで別人のように見えることもしばしば。

そんな美容関係の広告で、「まるで別人に見える!」を逆手に取った、完全に開き直った斬新な広告がTwitterで話題になっています。

話題の広告がこちら

見比べてみてください。別人です!

また、親切なことに(?)、欄外にもちゃんと※写真は別人です との注釈が。

斬新過ぎて笑っちゃう人が多数!

たしかに何も嘘は記載されていないのですが、ここまで開き直っていると逆に清々しいと思うほどです。

さすがにここまで開き直ったおかしな広告は、ネタで作られたものだと思われます。

ちなみに、錯誤を狙った商売は禁止されているので、この広告が実在のものだとすると、問題になります。

法律の錯誤(違法性の錯誤)とは、行為の違法性を基礎づける事実の認識については錯誤はないが、行為が法律上許されないことについて錯誤がある場合(違法性の意識が欠ける場合)をいう。

出典 https://ja.wikipedia.org

TwitterなどのSNSでは定期的にこういったありそうだけど、ありえないだろうと思う画像などが流れてきますが、そういったときはネタで作られたものかもしれない…と疑って掛かることも必要です。

面白画像はTwitterを楽しい物にしてくれていますが、悪質なものの場合はTwitterに報告して、無駄に拡散しないことを心がけてくださいね。

この記事を書いたユーザー

イタマ このユーザーの他の記事を見る

Twitterのおもしろネタを紹介します。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス