景山民夫は1998年1月26日東京成城の自宅書斎で喫煙しながら趣味のプラモデルを製作中シンナーに引火、火事で焼死したとされていますが、酔ってもいない、眠っていたわけでもない五体満足な中年男が、自室が火事になったからといって逃げもせず焼死するだろうか、とは事件後に関係者の誰もが持った疑問のようでした。

景山の家は東京・成城にある3階建ての木造家屋で夫婦二人暮らし、事務所を兼ねていたのです。3階部分が民夫の書斎兼仕事場で、その書斎だけ天井が抜けるほどの火力で炎上し、2階では火事の気配も伝わらず無事だったということです。というより、妻の朋子さんは2階にいて3階の火事には全く気が付かず、居間の蛍光灯が何度か点滅して一瞬暗くなったのを不審に思い、三階に上がってみると書斎が一面の火の海で、慌てて駆け下りて電話通報したということでした。

夫は当然逃げたものと思っていましたが、という言葉に反して、一報でレスキュー隊員が駆けつけたとき、何故かパンツ一枚の姿で景山は書斎の外の廊下にうつ伏せに倒れていたということでした。火傷は少なく煙を吸って意識不明状態だったそうです。隣接した家の人の話ではボンという爆発音があって、景山家の三階を見ると火が見えたということで、部屋に充満したシンナーが爆発したという説になったのかも知れません。しかし、2階にいた朋子夫人はどんな音も聞いておらず、蛍光灯の点滅で不審に思って三階に上がって気が付いたと繰り返しています。

シンナー引火説は、景山民夫の友人知人達にも信じられないことのようです。気心の知れた出版社の編集者の来訪時にも、わざわざ背広に着替える、という身嗜みに煩い民夫がパンツ一枚で煙草を吸いながらプラモデルを作っている光景など誰にも思い浮かばなかったのです。そんなタイプの男ではなく、よく知られていたのは正反対で、過度なまでの几帳面、綺麗好き、ナルシスト、イギリス人作家がいうジャングルに一人暮らしでも正装してディナーを執るタイプの人間、だったそうです。また臆病で、必要以上に注意深く、火の用心には常日頃から煩かったということです。

この頃、景山民夫は直木賞作家というより、当時問題視されていたオーム真理教などと並んで急成長していた新興宗教の「幸福の科学」に夫婦揃って入信したことで話題になり、本など読まない層にも景山民夫の名は広く知られていたということです。その上、景山は以前からオカルト好きでも有名だったので、焼死事件は歪曲されて、自殺説、他殺説、怪奇現象説と紆余曲折を経ていたようです。

景山民夫は有名人だったので「幸福の科学」では先に入信していたテレビタレントの小川知子と共に幹部扱いで、教団と講談社で争われていた週刊誌「フライデー」事件(幸福の科学に関するスキャンダル問題)では二人が教団を代表して街頭での抗議活動を行って、それがテレビに映されて更に知名度を上げていましたが、その副作用で仕事関連の人間関係を大きく損ね、個人的な友人知人の多くとも疎遠になり始めていたといいます。

景山民夫は東京千代田区の生まれで私立暁星中学から武蔵高校、慶応大学と進んで、在学中からテレビの構成作家を志していたそうです。父親は警察官僚の上級職で地方管区公安部長などを歴任、転勤を繰り返していましたが、民夫は東京・半蔵門に住んでいる(おば宅)に寄宿して高校・大学と進み、なぜか慶応大学文学部を中途退学しています。

コネも才能もあったので、1968年にはテレビの番組構成作家になっていました。華々しいテレビの世界で数年に亘ってシャボン玉ホリデイなどのバラエティ高視聴率番組製作に携わって後、文筆業に転じて小説家になり、吉川英治文学賞、次いで1988年には直木賞を貰って順風満帆の人生航路にあったかに思われていたのです。

火事の当時の妻・朋子さんとは再婚でした。旧姓大津朋子といい、景山と知り合う前は、同じ作家の村上龍と数年間愛人関係にあった女性だったのです。村上が妻帯者でありながら優柔不断(朋子さんの言い分)でずるずる不倫関係のまま放置されたのに怒って、とうとう村上宅に抗議に行って破局を迎えたということです。疲れ果てた末、村上との決別を考えていたとき、偶々、村上の所で知り合った編集者の一人に景山を紹介されたという経緯だったのです。

景山はその時妻との折り合いも悪く別居中だったのでまるで見計らったようなタイミングだったのです。巷間の観察では偶然ではなく意図的なものだったとされています。朋子さんは村上龍の後釜の(作家)を物色していたので、あたかも不動産屋経由で空き部屋を見つけたような按配で景山を射止めたことになるそうです。

                        (次回に続く)

景山民夫の変死(1)

この記事を書いたユーザー

まじ 東風 このユーザーの他の記事を見る

八ヶ岳南麓に隠棲。世事にまだ興味深々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら