地球温暖化が野生生物に影響を与えることと言ったらなにがあるでしょうか?
考えやすいところで行くと、生物の生息域の変化が挙げられます。
しかし、「変化」といってもすべての生物が変化するのでしょうか?
決してそうではありませんよね。
温暖な地域を生息域とする生物はより、生息域が拡大し、元々寒い場所を生息域とする生物は減少すると言った、一方的な生息域の変化でしかありません。

しかし、「温暖化」という問題はこれだけにおさまるのでしょうか?

近頃、私たちの住む日本でも異常気象と言えるような事が起こっています。
奄美大島では115年振りに雪が観測されたそうです。
つい最近でも春一番というニュースが流れていれば、今の外の気温は何でしょう。

こういった変化は、少なからず「温暖化」も影響があると考えられます。
温暖化による影響は私たちにも関係ある事です。

日本は四季があり、よく「風流」といわれます。
しかし、四季があるということは、逆に「暮らしにくい」ということにもなりえませんか?
日常生活でも、「夏服」「冬服」のように季節に合わせた服装があります。
現在「オシャレ、ファッション」として成り立つものも、温暖化による紫外線の影響により肌を守るもの、ちょっと古臭いですが「服」から「防具」になりえることもあります。

このように、「人事では無い」のです。
京都議定書では、各国の二酸化炭素排出量削減の目標が示されました。
私は、決して今の状況では解決には至らないと考えています。

人間を含めたすべての生物が、バランスよく生活していくには温暖化こそいち早く取り組まなければならない問題なのではないでしょうか?


この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス