現在、日本において海外進出する企業が一般化し、年々語学力を重視する企業が増加しつつあります。
しかしながら、中学校、高校の時に英語を習ってはいても、実際にビジネスにおいて使いこなせていないのが大半の方の意見ではないでしょうか。

ここで少しだけ、転職活動中の中で感じたことを書こうと思います。
私はもともと文系出身で、大学、大学院と英語教育の道を進んできました。
しかしながら、就職した時から、ITの世界に飛び込み今はエンジニアとして活躍しています。
ここで学んだ情報ですが、ITの経験がなくても、英語が得意な人は未経験からITの世界に飛び込むことができます。
なぜなら、ヘルプデスクの仕事には英語を利用するが技術は高く求められないという仕事がたくさんあるからです。
もともとIT用語は海外から入ってきた言葉がほとんどで、英語ができると仕様書を翻訳せずに読むことができたり、現地の人と直接英語でやりとりができるなど、役に立つ場面がたくさんあります。

私の場合は、ITの知識は0から勉強を始めました。ただ、資格を勉強する中で、ベンダー資格が英語の方がわかりやすくここで英語力は大いに役に立ちました。

さて、では、一体何が言いたいの?
と思われた方も多いでしょう。

つまり言いたいこと
「語学の必要性は高まっている、そしてこれができれば進む進路が広がる」ということです。

では、ここで一番の問題となることがあります。
英語は勉強しようと思っている、または英語を勉強したことがある。
でも仕事とか他のことが忙しくて続かない・・・。

大半の人の悩みがこれではないしょうか。
では、どうやったら勉強が無理なく続けられるのでしょうか。

この回答は後日書きます。
いろいろな方法があります。
ただし、今は自分で考えてみてください。
まず、中学生の時や、高校生の時を思い出しましょう。
どのように勉強していましたか?
- 友達と一緒に勉強してました
- テスト前だけ一夜漬けでした
- テストがないときは全く勉強はせず、テストの1週間とか10日前だけやっていました。
- 塾や予備校に行ってやっていました。

さあ、あなたはどのような学習方法でしたでしょうか。
考えてみてください。

もし、できるなら、コメントに書いていただけると嬉しいです。

続きは
大人になってからの英語勉強方法について その2 をご覧ください。
http://next.spotlight-media.jp/article/249328466562853359

この記事を書いたユーザー

TOEIC990点満点愛花姫20★ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら