フランスに到着し不動産屋の紹介で銀行口座を開設したのだけれど、住むことになったのは10㎞離れた隣県。最寄りの銀行支店でお金を入金しようとしたところ、「管轄が違うので、口座を開設した店舗へ行ってください」と。

フランスの銀行はフランチャイズであるからして、口座を開設した支店と異なる県へ行くと、同じ銀行でも自分の口座に入金することができません。同じ県内の支店でさえ、開設支店と異なれば、出金の制限額が低く設けられています。

わが家と同じ状況にあった友人は痺れを切らし、自宅と同じ県内にある支店で口座を再開設。それにしても面倒くさいシステムです。

外国で銀行口座の開設は、ドタバタの中で行われることもしばしば。でも、フランスの銀行はフランチャイズだということ、頭の片隅に覚えおきを!

この記事を書いたユーザー

ルルド このユーザーの他の記事を見る

スクール・インターンとして渡英後、イギリス人男性と結婚。南西フランスに移住し、2人の男児を出産、育児中です。フランスを中心にヨーロッパのニュースから話題の情報、そして現地の育児事情まで幅広くお届けします。アメーバブログの記事はコチラ:-http://ameblo.jp/lifeinfrance/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス