小澤征爾さんが第58回グラミー賞 最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞

今回が8回目のノミネートで、
80歳にして初の受賞となりました!

アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の授賞式が行われ、小澤征爾さんが指揮した楽曲が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞したのは、小澤征爾さんが指揮した歌劇「こどもと魔法」を収録したアルバムです。
このアルバムは2013年8月に長野県松本市で開催された音楽祭で日本のオーケストラ、サイトウ・キネン・オーケストラの演奏を収録した作品です。

小澤さんにとってラヴェル作品のオペラはこれが初めての録音だったそうです。
2012年3月から小澤さんは病気療養のため、活動を休止されていました。
この公演では約50分にわたるオペラを指揮されたようで、約1年半ぶりの本格的な活動再開となったようです。

小澤征爾さんからのコメント

セイジ・オザワ 松本フェスティバル 総監督 小澤 征爾
この「子どもと魔法」は僕の大事な仲間であるサイトウ・キネン・オーケストラとすばらしい歌い手たちと創った作品で彼らのお陰で、充実した練習と公演ができてとても楽しかった。それが松本のフェスティバルの力なのだと思う。たいへんうれしく、みんなとこの作品を創れたことを誇りに思います。仲間たちとこの喜びを分かち合いたいです。

出典 http://www.ozawa-festival.com

グラミー賞 これまでの日本人受賞者は

1987年に、デザイナーの石岡瑛子さんがジャズトランペット奏者、マイルス・デイビスさんのアルバムのデザインで「最優秀アルバム・パッケージ賞」を受賞しました。1989年には、坂本龍一さんが、映画「ラストエンペラー」のテーマ音楽で「最優秀映画音楽アルバム賞」を受賞しています。2001年にシンセサイザー奏者の喜多郎さんが、また、2008年に太鼓奏者の中村浩二さんが参加したグループが、ともに「最優秀ニューエージ・アルバム賞」を受賞しています。2011年には、日本からの受賞者が相次ぎました。人気ロックバンド「B’z」のギタリストの松本孝弘さんが、アメリカのギタリストとの共作アルバムで「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞」に選ばれたのをはじめ、日本を代表するクラシックピアニストの内田光子さんが「最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞」を受賞しました。このほかにも、ジャズピアニストの上原ひろみさんが参加したジャズバンドや、箏奏者の松山夕貴子さんが参加したアルバムが受賞しています。最近では、おととし、アメリカ・ロサンゼルスで活躍するレコーディング・エンジニアの「Sadaharu Yagi」さんが手がけたアルバムが「最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞」に選ばれています。


出典 http://www3.nhk.or.jp

今年81歳となられる小澤さんですが、ますますご活躍が期待されますね!

小澤征爾プロフィール

小澤 征爾(おざわ せいじ、1935年9月1日 - )は、日本人指揮者である。2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。 栄典・表彰歴として文化勲章受章など。主な称号はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員など。

出典 https://ja.wikipedia.org

2015年には日本人初のケネディ・センター名誉賞受賞されました

オバマ米大統領が、受賞の小澤征爾さんらをホワイトハウスで祝福 「音楽通じて東西の橋渡しに生涯捧げた」

出典 http://www.sankei.com

ケネディ・センター名誉賞とは?

ケネディ・センター名誉賞(The Kennedy Center Honors)は1978年から毎年アメリカで優れた芸術家に贈られる賞。受賞者の発表は9月のレイバー・デー期間、祝賀公演は例年12月にジョン・F・ケネディ・センター歌劇場で開催され[1]、その模様はCBSで中継録画される。授賞式は12月第1日曜日にホワイトハウスにて大統領夫妻から贈呈される。

出典 https://ja.wikipedia.org

「世界のオザワ」80歳記念。名曲名演を80曲収録した究極のベスト!も発売中です。
ラヴェルは私の好きな作曲家のひとりなのでとても嬉しいです。
小澤征爾さん、グラミー賞おめでとうございます。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 音楽
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら