我慢の禁煙を頑張る人も
パチンコやスロットで
お金を捨てる人も
負け犬に違いはない。

失礼なことを
書いているのではなく
「事実」を書いている。

僕自身が負け犬で、
勝ち組になるためには
どうすればいいのか
試行錯誤しまくったから
断言できる。



負け犬と言われたら
頑張っている人は
怒り狂うかもしれない。

しかし怒る暇があるなら
物事をいろんな角度で
分析できる考え方を
追究したほうがいい。

地獄のような現実から
天国のような現実に
這い上がることは
誰にでもできる。



負け犬がなぜ
負け犬のままなのか、
簡単に言ってしまうと
「負け犬であることが
心地よい」 のだ。

勝った自分になろうと
理想を描くも
「所詮は夢物語」だと
動く前から諦めている。

「成功できるのは
一握りの人間」だと
言われている理由は、
「人が離れていっても
自分が感じていることを
確かめにいく勇気」が
あるかどうか、
それだけのことなのだ。



【愛煙セラピー「2163」】 

『負け犬の考え方は
ネガティブで嫌いだが、
なぜ負け犬になるのか、
それを実践して
吠えてくれることには
感謝しなければ
いけないとも思う。』

2016/02/15
愛煙セラピスト
志村嘉仁

本当に嫌いなのだが、
関わりたくないのだが、
それは自分自身でも
あったわけで。

だからこそ今、
「這い上がるために」
自分がしてきたことを
こうして書いている。

世間から見れば
クズな生き方だろう、
それでも
負け犬に比べたら
優雅で豊かな人生を
歩んでいるのは
まぎれもない事実。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら