なんで同じ服ばかり着るかなぁ。

出典カティコ

主人の冬の仕事着はボタンダウンのシャツ。
シャツ自体はたくさん持っているはずなのに、なぜか同じシャツばかりを
洗っては着、洗っては着…。
なぜ、まんべんなく着ようとしないのか。
ほら言わんこっちゃない。襟がほつれてきちゃったじゃないですか。

目に見える位置だから、かがり縫いができない

出典カティコ

首筋のちょうどいい位置に、見事な擦り切れ。
首に当たる部分だし、目に触れる場所だから、かがり縫いができない。

かといって、捨てるのもしのびない

それだけヘビロテしているということは、着心地など何か特別な思い入れがあるのでしょう。しかも、襟が1cm裂けたからといって、ゴミ箱にポイするのはエコじゃない気もする。

そこで今回は、こちらのサイトを参考に、自力で修復してみることにしました。

では、さっそくやってみましょう!

【1】襟をはずす

出典カティコ

中学の頃に買ったお裁縫キットから「リッパー」を取り出し
襟と本体の間の布をチクチクと切っていきます。

襟が本体から切り離されました。
細かい糸くずを取り除き、襟にアイロンをかけます。

【2】破れた襟部分を補修する

本来であれば、ここで「補修布」というものを使って襟を補修するのですが、我が家に補修布はなく…。
しかたがないので「裾上げテープ」で代用しました。裏側だから見えないと思って。
(でもやっぱり補修布のほうが強度的にもよかったと思います)

黒いテープの下に、裂けた部分があります。

【3】縫い合わせる

出典カティコ

襟を裏表逆にして、まち針で留めます。
本当はザクザクと並縫いで仮縫いしたほうがいいと思われますが
面倒なのでまち針を使用。

出典カティコ

片面ずつ縫い合わせていきます。
まつり縫いなど、色々と縫い方を調べたのですが、いまいちピンとくるものがなく
思いつきでこの形にしました。なのでこの縫い方の正式名称がわかりません。

まず縫い合わせたい布と布の間に針を通し、本体側の布をすくいます。
その後襟のほうに針を通して、また布と布の間に針を入れます。
これでひと目になります。

縫い合わせ完了!

出典カティコ

背中側。
黒い裾上げテープが見えちゃってますが、襟を返せば隠れます。

手縫い感は否めないけど…

出典カティコ

ミシン縫いと違って、ひと目の幅にばらつきがありますが、許容範囲でしょう!

約2時間で完成!

出典カティコ

全体にアイロンをかけ、完成です。
襟のバラしから完成まで、約2時間でした。

やってみたら案外スムーズだった。

最初は「襟を外して補修して手縫いで付け直すって…超めんどくさいじゃん!」と思っていたのですが、やり始めると案外あっという間でした。
今後も、直せそうなものはなるべく手縫いで修繕し、物を大事に使っていければと思いました。

こんなに簡単に直るのなら、このシャツ、捨てなくてよかった!


チクチクと縫い進めるのも、たまにやると楽しいものです。
休日の午後などに是非、挑戦してみてください。

この記事を書いたユーザー

カティコ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ライフハック
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら