元タクシー運転手の筆者です。宜しくどうぞ!

Licensed by gettyimages ®

筆者、今まで色々なタクシー記事を書いていますが、今回はタクシー運転手の間で使われる「業界用語」について、あんまりバレちゃいけないものもありそうですが(笑)

読者の皆さんに、コッソリと教えちゃいましょう(笑)

それでは、早速、タクシー用語を列挙していきます!

法令順守と、お客様の御安全のため、シートベルトの着用に、ご協力ください。

では出発します!

1・お化け

Licensed by gettyimages ®

運転手的に、思いもよらない場所から長距離客が出ること。

例えば深夜、都心である程度数字を作って、江戸川区の車庫に帰りながら流している時に、江東区辺りで御乗車のお客様が、「すいません、所沢まで!」みたいなパターン。

運転手的には、「どうせあっちの団地までだろう」とか「市場までだろう」とか勝手に予測をしてしまうのでビックリ!ラッキー!

2・万収(マンシュー)

Licensed by gettyimages ®

1万円以上の売り上げになるお客様のこと。

銀座から千葉や、横浜のような距離。

昼間に平均的な稼ぎをしてから、夜にマンシューが数本あれば、今日の売り上げは充分。ラッキー!

3・大きな忘れ物

Licensed by gettyimages ®

タクシー無線用語で、大きな事件を起こした犯人のこと。

運転手が無線に応え、「はい、大きな忘れ物が載ってます」と言ったら、あなたが犯人?

筆者が聞いたことがあるのは、「はいこちら警視庁○○…現在、大きな忘れ物が足立区方面、大きな忘れ物をされた方の特徴、やや小柄、メガネ、…、」犯人の特徴を言い出しましたよね…。

怖っ!

4・煙突

Licensed by gettyimages ®

タクシー運転手用語で「煙突」とは、メーターを入れないで営業をし、お客様から頂いた料金を横領すること。勿論窃盗罪です。

以前のタクシー・メーターは、現在のボタン式と違い、空車時に煙突のようなバーが立っていて、お客様と出発する際に、それを倒してスイッチにしていたことから言われるようになった言葉。

メーター不倒等というのも、元々の倒す行為から言われるようになっている。

最近、ここまで悪人の運転手は減ったと思われる。

5・鞄の忘れ物

Licensed by gettyimages ®

タクシー無線用語で、怪しい人が乗車した際の、無線局への報告の時に用いられる言葉。

運転手が無線局に「現在、鞄の忘れ物を載せています」と言ったら、あなたは疑われている(笑)

6・白タク

Licensed by gettyimages ®

営業用の許可をされた車のナンバーは緑色です。

「白タク」とは、白いナンバー、つまり一般自家用車で旅客自動車営業をする違法な車。

ターミナル駅周辺に終電の頃来て、乗り合いさせて、タクシーより安く運ぶ。

しかし、違法で警察の取り締まりの対象な上、事故の際の補償も疑わしい。しかも、反社会勢力の資金源ともされている。関わってはいけない!

7・タコグラフ

Licensed by gettyimages ®

運送会社などでも使われていて、現在はデジタル・タコグラフが普及してきたが、以前メインで使用されていた開閉式のスピード・メーターの裏側にある、円盤状の物。

その円盤状の物が一周するのに24時間かかり、その間に車の動きと乗車中か否かが専用の用紙にグラフとして記録される。

何時何分に、何キロで、お客様が乗っていたか空車か、そういったことが運転手が営業終了後に、タクシー会社の管理者に日報と一緒に提出することにより把握される。

8・三コロ

Licensed by gettyimages ®

運転手が営業を終え、同僚と話すときなどに言う言葉。

「今日どうだった?俺なんか【三コロ】だったよ…」

三コロは30000円台しか行かなかったこと。同じく「ニコロ」「四コロ」等ともいうが、「五コロ」くらいなると、まあまあなので言わないみたいです(笑)

9・青タン

出典 http://www.amazon.co.jp

22時から、5時までの深夜割増メーターのことで、その時間帯のメーターが青くなることから言うようになった。

運転手同士の会話で、「せっかく【お化け】拾ったのに、すぐに5時になって【青タン】じゃなくなって、参ったよ…」等ありがち…。

10・地べた

出典 http://www.amazon.co.jp

一般道のこと。中長距離のお客様をせっかく乗せても、高速を使えるところに「地べた」ではメーターも上がらないし、次の営業に早く入れない。

運転手としては、多少距離が伸びても歓迎出来ない仕事のこと。

運転手同士の会話で「参ったよ、霞が関から用賀まで、首都高ならすぐなのにさぁ…。地べたでさぁ…。時間ばっかかかって金にならねぇよ…」等とよく言う感じです。

いかがでしたか?

出典 http://www.amazon.co.jp

どの業界にも、専門用語や隠語はあると思いますが、タクシー業界にも沢山それがあります。

莫大な量の用語がありますが、今回はその一部を紹介させて頂きました。

タクシーの運転手は、ある意味サラリーマンなのですが、完全歩合制ということもあり、やはり商売の感覚に近い言葉が増えてきますね(笑)

「お化け」が「青タン」の時間に「地べた」で「万収」だったけど、時間かかって結局「四コロ」しか行かなかったよ…なんて、タクシー乗務員室控室から今宵も聞こえてきそうです。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら