舌で相手の舌や唇に触れながらする「フレンチ・キス」は、英語圏で使われる言葉。当のフランスでは'un baiser avec la langue'と呼ばれ、フレンチ・キスという名称は存在しない。

この言葉を生み出したのは、第一次世界大戦末期にヨーロッパを訪れたアメリカ人兵士たち。そこで出会ったフランス人女性たちと交わした情熱的なキスに心打たれ、本国アメリカに持ち帰ったところ世界中に拡散。

でも習慣としてはニューヨークの街角には根付かず、行為自体はプライベートの範囲内にとどまった次第。

それに対しパリの街角では、フレンチ・キスを交わすカップルが、風景の一部と化すほど自然なもの。さすが愛の国を自負するフランスです!

この記事を書いたユーザー

ルルド このユーザーの他の記事を見る

スクール・インターンとして渡英後、イギリス人男性と結婚。南西フランスに移住し、2人の男児を出産、育児中です。フランスを中心にヨーロッパのニュースから話題の情報、そして現地の育児事情まで幅広くお届けします。アメーバブログの記事はコチラ:-http://ameblo.jp/lifeinfrance/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス