2月と言えば、受験シーズン。

受験生はもちろんのこと、資格などを取得しようと
している人たちにとって

「暗記」は避けて通れませんね

今回は「効果的な暗記の仕方」について
ご紹介したいと思います

【人間の脳は、忘れるようにできている】
エビングハウスの忘却曲線、というものを
ご存知でしょうか?

人間は、覚えた内容を

20分で42%忘れ
1時間で56%忘れ
1日で74%忘れてしまう

というもの。

「せっかく勉強したのに、あんまり覚えていない!」
「効率が悪い気がする…」

と嘆く前に「脳のメカニズム」に着目して
学習していくことが大切!です

【効果的な復習の仕方】
この忘却曲線を前提に考えると

日曜日に勉強した内容を
水曜日に復習しようが
木曜日に復習しようが
金曜日に復習しようが

さほど効果は変わりません。
80%以上忘れかけているわけですから。

【学習したその日に、先ずは復習!】
もし、日曜日のように
一日中勉強をしていくのであれば

午前⇒午後⇒夜と、3段階に分けてみましょう。

そして、
午前勉強したことは、昼をまたがずに
午前の最後に復習。

午後に勉強したことは、夕方をまたがずに
午後の最後に復習。

夜に勉強したことは、寝る前に
夜の最後に復習。

そして次の日の朝は、
夜の復習からスタート。

つまり、長期間+長時間勉強しなくては
ならないボリュームをこなす場合は

3~4時間を1セットとして
その復習を、直ぐに行うのが効果的。

20分で一回復習していては
流石に先に進めないので
逆に、非効率的です。

特に、受験生の夏休みや
税理士・弁理士など暗記が多い試験などで
有効な勉強方法です。

【先ずは自信をつけること】
暗記しなければいけない量が多いと
よっぽど暗記に自信がある人でないと

先ずは量に圧倒されてしまいます。

この方法で勉強していくと
「お、意外と覚えていんじゃない?」と
自分に自信をつけることができます。

最初は「小さな」自信でかまわないのです。
この自信が、次の「量」に向かうときに
力になってくれます。

「勉強ができない」とか
「覚えられない」というのは

「能力」の問題ではなく「方法」の問題だと
考えています。暗記が苦手な方は
是非一度、お試し下さい

(ライター:今村公峰)

この記事を書いたユーザー

今村公峰 このユーザーの他の記事を見る

コーチングをベースにした
「教えない」学習塾を主宰。
進学塾ブリッジブログ」
http://ameblo.jp/bridge-shimizu
熊本市在住。横浜市出身

得意ジャンル
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス