そもそも、「こじらせ女子」って?

「こじらせ女子」とは自分に自信が持てない、ちょっとひねくれ気味の女性のこと。必要以上に卑屈になっているせいで、男性を遠ざけてしまっているのです。

出典 http://motejo.jp

自分で「私は女子力なし」などと決め付けてしまっているのですね。皆さんの周り、もしくはあなた自身に思い当たる節はありませんか?

ドラマ『きょうは会社休みます。』

出典 http://cdn2.natalie.mu

人気連続ドラマ『きょうは会社休みます。』で綾瀬はるかさんが演じたのがまさに「こじらせ女子」ということで、この言葉が流行語大賞にノミネートされるほど話題となりました。

実は今、アラサー世代にこの「こじらせ女子」が急増しているそうなんです。もしかしたら、日本の晩婚化はこの影響かもしれません…!もしあなたが「こじらせ女子」だったり、気になっている女性がその可能性がある場合、どう対処すれば良いのでしょうか?さらに、「こじらせ女子」の特徴についても詳しくご紹介したいと思います。

特徴1:甘えるのが究極に下手

Licensed by gettyimages ®

本当は甘えたいのに甘えられないのもこじらせ女子の特徴です。「私が甘えるなんて気持ち悪い!ありえない!」と決めつけて、本当は手助けしてほしい時も強がってしまいがち。

出典 http://josei-bigaku.jp

これは男性からすると”一人で生きていけそうなタイプ”とみられてしまうのです…。

または何かコンプレックスがあって素直に甘えられない女性もいるかもしれませんね。居心地が悪くなって、さらに強がってしまうという悪循環が生まれかねません。男性はもっと素直に甘えて欲しいと思っているものです。

特徴2:仕事や趣味が生きがいのフリ

Licensed by gettyimages ®

女性として見られたり、女性らしさで優劣を付けられないように、仕事や趣味に打ち込んでいる”フリ”をするタイプのこじらせ女子も少なくありません。

出典 http://josei-bigaku.jp

仕事や趣味に打ち込むことによって、寂しさを紛らわせることが出来るため、充実したフリをしていまうのだとか。

仕事も、テキパキして要領が良いのも特徴らしく、良いポジションにつくのでますます仕事一本への道が出来上がってしまうのです…。

特徴3:恋愛に興味はるが、そこまで熱くなれない

Licensed by gettyimages ®

「彼氏欲しい」「恋愛したい」とは思うものの現状は楽しいし、もう少しニートでいいかも。そう思ううちはニート脱却難易度は非常に高いです。

出典 http://howcollect.jp

女性同士で遊んでるほうが楽しいし楽だからもう少しこのままでいいや…そう思っている方は危険信号です!

今の楽しい生活を捨てても、待っているのは恋愛の面倒くさいグダグダだし…。と取り越し苦労をして恋愛を遠ざけてしまう方が多いようです。考えるよりも、感じて行動しみてると良いかも。

特徴4:男性に対する評価が厳しい

Licensed by gettyimages ®

こじらせ女子は、自分を見つめる目も厳しいせいか、他人を見る目も厳しくなりがちです。特に男性に対しては、ひどい評価を下すのが趣味になりかけているこじらせ女子も多いようです。

出典 http://marihonnete.com

男性のマイナス面を見つけて楽しそうに酷評する女性っていますよね。こういった習慣がつくと、男性のマイナス面にばかり目がいってしまいます。

いつもモテモテ女子はストライクゾーンが広いという特徴があるそうです。自分の理想から少しでも外れたからナシ!と決め付けていては、いつまで経っても好きな男性にはめぐり会えなくなってしまうのです。

彼女たちが「こじらせ女子」になったきっかけは?

原因のほとんどは学生時代にあるらしい…

Licensed by gettyimages ®

思春期の頃の男性は、女性を中身で判断できるような思考性を持ち合わせていませんから、女性を見るときはどうしても見た目の雰囲気や可愛らしさで判断してしまいます。

そういった男の子からの要望に合わせるように、「かわいい」を演出できた女の子は学生生活を充実させることができますが、一方そのことに違和感を感じ周囲に合わせることはしなかった女の子は、少数派としてのレッテルを貼られてしまうことになり、学生生活を充実させることができなかった経験があります。

出典 https://jooy.jp

確かに、顔が整っていて女性らしい振る舞いの出来る子が明らかにモテますよね。そういったことの積み重ねで、劣等感を抱くようになってしまったのかもしれませんね。

女性の3人に1人が「こじらせ女子」の自覚あり!

Licensed by gettyimages ®

なんと、ある調査で女性の3人に1人が自分は「こじらせ女子」だと感じていることが明らかになったのだとか!これはかなりの確立ですよね。
しかし私は、「こじらせ女子」というのは、自分をモテるキャラに偽るのが苦手な真面目な人なのではないかと感じました。自分をつくるのが苦手なだけなのかもしれません。
ただ世間はどちらかというと「容姿重視」という暗黙の了解のようなものがあって、そのギャップに戸惑っているような気がします。

「こじらせ女子」たちが気軽になれる考え方は?

「自虐ネタは封印」
「自分を認めてあげる」
「外に出て遊んでみる」

まずはこれらから始めてみてはいかがでしょうか?今まで癖がついていたことをすぐに変えるのは難しいかもしれませんが、これらを達成できたらきっと世界が変わって見えると思います。外に出て遊んでみるのも大切なことです。休みの日は外に出て色々な人と交流してみましょう。そうすることで、今まで知らなかったことを知れますし、良い刺激になるはずです。

恋愛ニートを脱出しよう♡

意外にも「こじらせ女子」が多いことが分かりましたね!
自分の殻を破るのは相当勇気がいることかもしれませんが、一度超えてしまえば意外と簡単なことかもしれません。恋愛に対して興味が全くないわけではないと思いますから、後悔する前にぜひ「脱・恋愛ニート」を目標に頑張ってみてください♪

この記事を書いたユーザー

ジンジャー このユーザーの他の記事を見る

思わず誰かに話したくなるネタを中心に発信していきます!

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス