流行語大賞にもノミネートされた「SEALDs」。その発端は国会前の大規模なデモでした。一方で、革命的非モテ同盟による「バレンタイン粉砕デモ」が勃発し話題になりました。

NOバレンタイン宣言

チョコレートの数で人間の優劣を決めてしまわんとする趨勢にNOを叩きつけ、公平なチョコレートの再配分を目指したい。男性タレントの多い芸能事務所に匿名で寄贈されたチョコレートが焼却処分されるようなことがあってはならない。

出典 http://yukan-news.ameba.jp

「バレンタイン粉砕デモ」とSEALDsの「安保法案デモ」、規模こそ違えど、問題への反発の高まりや集結理由は似ているように思います。チョコレート数によって優劣が決まってしまうバレンタイン、さらに芸能事務所に寄贈されたチョコレートの多くが焼却処分される現状へNOを叩きつける姿は、安倍政権にNOを叩きつけるSEALDsと酷似していますよね。

恋愛至上主義への反発

恋愛市場におけるモテと非モテが生まれてしまう現状。これは「恋愛によって幸福になれる」というそもそもの間違いによって作られてしまった市場による歪みであると、同団体の革命評議会議長MarkWater氏は語っているようです。

10年続く「バレンタイン粉砕デモ」

若者の草食化、非婚化、恋愛離れといった現象も進みましたので、成果というよりは自然と革命的非モテ同盟の考え方に世の中が近づいてきた

出典 http://yukan-news.ameba.jp

10年前はブログのみで議論されていた「バレンタイン粉砕」ですが、時代の流れによって年々大規模なものになってきたそうです。モテないことでふさぎ込んでしまう若者も多い中、このようなデモ活動によって救われる人もいるのではないでしょうか。

いかがでしたか。2015年は若者のデモ元年。今後も若者によるデモが活発していくのではないでしょうか。

驚いた…という方はぜひシェアしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス