「あれ…?」と思い出せないこと、ありませんか。

Licensed by gettyimages ®

「年齢とともに記憶力が低下する。」と言う声も見受けられます。年齢と記憶力の関係は様々な意見がありますが、今回はそのような方々に向けて、注目の成分・サプリメントをご紹介します。

サポートライフの OMEGA 3 おもひでサプリ。

出典山本明日香

こちらのサプリメントが、なぜ「おもひでサプリ」と呼ばれているのでしょうか。

α-リノレン酸とは、体内では合成することのが出来ない必須脂肪酸の事を言います。このα-リノレン酸が原料となりEPAやDHAを体内で産生します。主には亜麻やエゴマ(シソ)などの野菜に多く含まれており、食生活が偏りがちな方に不足しがちな成分です。

出典 http://hbplus.jp

おもひでサプリの主成分は、ALA αリノレン酸です。それでは、αリノレン酸を摂取すると、どのような効果があるのでしょうか。

αリノレン酸の効果がたくさんあります。

記憶に関係のない分野でも、αリノレン酸を摂取することで、良い効果が期待できると言われています。

αリノレン酸にはアレルギーを抑制する効果が期待できます。各種アレルギー症状の原因のひとつに、リノール酸の過剰摂取がありますが、αリノレン酸はリノール酸対して競合的に働く性質があるため、リノール酸を原因とするアレルギー症状を緩和できるというしくみです。

もうひとつ興味深いデータとして、2011年にアメリカ・ハーバード大学で発表されたものがあります。10年間、のべ50,000人以上の女性を対象とした調査において、αリノレン酸を豊富に摂取し、同時にリノール酸を控えることで、うつ病の発生が減少したというものです。

出典 http://www.guide-omega3.com

さらに、興味深いデータがありました。

出典山本明日香

続きは、こちらをご覧ください。

あくまでαリノレン酸を摂取した場合であり、魚油由来のEPAやDHAの摂取はではなかったとのこと。この点はなかなか興味深いものがあります。それに関連して補足しておきますと、αリノレン酸はEPAやDHAと同じくオメガ3脂肪酸の仲間ですが、EPAやDHAは魚に多く含まれるのに対し、αリノレン酸は植物由来であるという違いがあります。そしてαリノレン酸を豊富に含む筆頭が亜麻とエゴマになります。

出典 http://www.guide-omega3.com

植物由来成分のαリノレン酸を摂取する大切さが分かってきた気がしませんか。

αリノレン酸を摂取すると…。

出典山本明日香

体内で、DHA・EPAに変換されると言われています。記憶力アップが期待できるサプリメントや成分として、DHA・EPAの名前を聞いたことがある方も、いらっしゃることでしょう。αリノレン酸を含むサプリメントが「おもひでサプリ」と呼ばれるのは、このような理由があるのかもしれません。

DHAを摂取すると知能指数が向上する。
【イギリスのルーカス博士の実験】体重1.5㎏で生まれた未熟児300人をDHAの豊富な母乳で育てるグループとDHAを含まない粉ミルクで育てるグループに分けて、子供が8歳になったときの知能指数を計測。
≪結果≫
DHAの豊富な母乳で育てた子供の知能指数の平均値 IQ103.0
DHAを含まない粉ミルクで育てた子供の知能指数の平均値 IQ92.8

出典 http://www.zontaoakville.com

8才の時点でIQの平均値に開きが出てきていますね。

EPAとDHA には大きな違いがあります。EPAは血液脳関門といわれる脳への入り口を通り抜けることができませんが、DHAはそれが可能でダイレクトに脳神経の栄養分となることです。

またEPAは高い血小板凝集抑制効果があり、心筋梗塞や虚血性心疾患などの予防効果があるとされますが、一方でDHAの血小板凝集抑制効果はEPAほどではありません。どちらの成分が良い悪いではなく、EPAとDHAは両方で相乗効果をもたらします。そのため一緒に摂取することが効果的とされ、サプリメントなどでは両方が配合されているのです。

出典 http://www.supkomi.com

DHAとEPAが一緒に配合されている理由も、これで納得、ですね。

1日あたりの目安量は、5粒。

出典山本明日香

5粒飲んでもカロリーは19.2kcalと、取り入れやすい、低カロリーなサプリメントです。粒も大きすぎず、飲みやすかったです。サプリメント独特の臭いもほとんどなく、取り入れやすいと感じました。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら