◎ウズラの卵を孵化?

わたくし、ラーメンフリークである傍ら、自作ラーメン作りを趣味としておりまして、「ウズラの味玉」を作ろうとネットサーフィンしているうちに、「スーパーで売ってるウズラの卵を孵化させる方法」に辿り着きましたのでご紹介させていただきます。

◎ウズラの卵って?

採卵用の養殖は明治時代中期から始まり、愛知県豊橋市を中心(日本の飼養数のうち約65%を占める)に養殖がおこなわれている[2][14]。1941年の飼養数は約2,000,000羽[14]。第二次世界大戦により壊滅的な状況に陥ったものの[2]、1965年に再び約2,000,000羽まで増加した[14]。1984年に約8,500,000羽とピークを迎えたが、2009年に豊橋市でトリインフルエンザが確認されたことにより約1,600,000羽が殺処分された[14]。飼育場で飼育されるのはメスだけだが、たまに選別漏れでオスが混じる場合がある。そのため、市販されているウズラの卵には数%の確率で有精卵が混じっており、孵卵器に入れればヒナが孵化する場合がある[a 3]。

出典 https://ja.wikipedia.org

飼育場で飼育されるのは基本、メスだけなのですね。
たまに選別漏れでオスが混ざる場合があるとのことで、「スーパーで売ってるウズラの卵を孵化させる方法」という可能性が出てくるのですね。

◎愛知県の小5女子の児童がウズラの孵化に成功

愛知県江南市の小学5年生の女の子に新しい「家族」ができました。スーパーで買った卵からふ化させたウズラ3羽です。
ミカンは去年6月に生まれました。ペットボトルのふたほどの大きさから、今年1月には体高十数センチまで成長。観察日記をつけて、ふんなどのそうじやえさやりの世話も欠かしません。 
お母さんの恵さんから「スーパーのウズラ卵がかえることがある」と聞いたことが、ふ化に取り組んだきっかけです。インターネットやウズラの生産者から聞いた話を参考に、去年5月から12月までに計80個のウズラ卵を使って挑戦しました。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

「ミカン」と名付けたウズラと他2羽のウズラの孵化に成功したとのことですが、それ以前に一度挑戦して孵化後、4日で死んでしまったとのこと。
今回、成功してここまで無事に大きくなって嬉しいですね。

1.保温道具の準備・日々の管理

ウズラを孵化させるには、やはり暖かい温度を保てる環境におくことが大切なようですね。
毎日、温度チェックや湿度チェックを欠かさず行っていたようですね。

2.卵のチェック

卵を光にかざして、ヒナが順調に育っているかのチェックも欠かさずに行っていたとのことです。
ちなみに、黒い影があるほうが孵化する可能性が高いそうです。

3.定期的に卵を転がす

毎日、時間毎に卵を転がしていたそうです。
これは、卵の殻に中のひながくっついてしまうことの防止策のようです。

そして感動の瞬間

根気よく、1~3の工程を2週間ほど繰り返すことで、3羽が無事に孵化したそうです。

スラムダンクという漫画に「親鳥の心境だ」という名言が御座いますが、まさにその心境だったのでしょうね。

◎ウズラを孵化させることは限りなくゼロに近い?

ウズラの卵の生産者のお話によりますと、スーパーで売っているウズラの卵を孵化させることはかなり難しいとのことですね。
限りなくゼロに近いと仰ってました。
まぁ、生産者の方が「簡単だ」といってしまうと、食いっぱぐれる可能性もでてきますからね(笑)

◎Twitterでの反応は?

ごく稀に有精卵が混ざっているとのことですね。
時間が有り余っているのなら、間違いなく試すでしょう。

こういう装置があるのですね。
あとで、ヤフオクで調べてみます。

わたしもやってみたいですね。
時間がないんですよね。

◎中には孵化報告も!?

実際にやっているのですね。
わたしもやってみたいのですが、犬とネコがいるので無理なんですよね。

子供の自由研究の題材として良いかもしれませんね。

◎動画ウズラの孵化に挑戦

出典 YouTube

今回のお話とは関係ないのですが、うずらの孵化に挑戦し成功した動画をみつけました。

◎お嫁にいくときも連れていきたい

「ウズラは私の大切な家族の一員になりました。お嫁さんに行くときにも一緒につれて行きたい」。ずっと大切に育てると決意しています。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

現実的な言い方をすると、ウズラの寿命はそこまで長くないと思われますが、生き物を大切にしようという心を育めたのは大きな収穫でしょうね。

とても良いお話だと思いました。
生き物の面倒をみることは情操教育に欠かせないものであると思いますが、その生命を自分の手で誕生させ、自身の手で育み、このあと待っている看取るという一連の行為は、人格形成にとても役立つものと思われます。

わたくしも、愛娘に勧めてみたいと思ったのですが、ネコがいるので難しいかも知れません。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス