猿夢

これは夢の話です。私は見覚えの無いガランとしたホームに一人立っていました。すると何故か聞き覚えのある声のアナウンスが聞こえてきました。「まもなく電車がまいります。」間もなく遠くに列車の影が見え始めたのですが、いっこうに近づいてきません。随分と遅い列車だなと思ったのですが、ようやく列車が近づいて来た時、その不自然な遅さの理由が分かって私は思わず吹き出してしまいました。なかなか近づいてこないと思ったのは、その列車があまりに小さくてまるで遊園地の遊具のような大きさだったからです。「あぁ、これは夢なんだな」私は小さい頃からよく夢を覚えているのが得意で、毎日親や友達に話したりしているうちに、夢の中にいても「これは夢なんだな」と分かるようになっていました。私の前にゆっくり止まった列車には前に運転手の格好をした猿と、数人の男女が真面目な顔をして乗っている。その時の私は彼らの真面目な様子がおかしくて、明日友達にこの話をするのが楽しみで、迷わずその電車に乗ってしまったのです。「どうせ夢なんだから」そう思って。しばらくはどこかで見たような見覚えのある景色が流れているのを楽しんでいたのですが、ふと前を見るとぽっかりとトンネルが開いているのに気がつきました。そして、その出口が見えないほど長いトンネルに入った時、突然アナウンスが流れたのです。「次は活けづくり~活けづくり~」急に薄暗いトンネルに入ったばかりで、夢と分かっていても心細い気分になっていた私はこの言葉で「活けづくりって(笑)」と楽しくなり、他の人はどんな顔でこのアナウンスを聞いてるのだろうと振り返ったのです。そこには生きながらに切り刻まれる男の人がいました。無言のまま狂ったようにのたうちまわる男の人の周りには、無数の猿が小さい刃物を持って群がっていたのです。そして見る見る間にただの肉片になっていく男をただ呆然と眺めていた私のほうを、一匹の猿が振り返り、静かに笑いました。「これは夢。夢でしょ。夢夢夢夢あsfっだgf」そして、永遠に続くようなトンネルの中、必死に夢から醒めようとしていた私に、またあの声が聞こえたのです。「次はくりぬき~くりぬき~」それから、私は一切振り返る事ができませんでした。ただ、断続的にアナウンスが鳴るたび、柔らかい何かがぐしゃぐしゃに壊される音と無数の荒い息づかいが聞こえてきたことだけは覚えています。「次は顔はぎ~顔はぎ~」そのアナウンスは間違いなく、私のすぐ後ろで聞こえました。そして、無言で殺されていくと思っていた被害者の声が初めて聞こえたのです。後ろで猿に襲われている男は小さい声でこう言っていたのです。「これは夢なんだ。頼むから醒めてくれ」その瞬間、私は絶叫しながらベットから飛び起きました。夢から醒めたばかりなのに、息は荒く、全身水をかぶったように汗まみれで。私は震えが止まらないまま、枕元にあったペットボトルのお茶を飲んで落ち着こうとしました。そして、はっきりと夢から醒めた事が分かった時、ようやく落ち着いてため息を漏らしたのです。次の瞬間、「次はこの続きから見せてあげよう」という声が部屋の暗がりから聞こえてきたのです。もう夢を見ていない事は誰よりも私が一番よく分かっていました。それから、私は眠っていません。もう4日になります。

女欲しい

洒落にならんっつーかなんというか。自分は彼女居ない歴=年齢の典型的なもてない男なんだけど、女友達は結構いる。その女友達とかに「あんたは狙ってないから彼女できない」なんて言われたんで、異性を意識するようになったころの話。意識するって言っても何をするわけじゃないし、「彼女欲しい!」って思いだけで日々を過ごしてた。毎日毎日そんなこと思ってながらも出会いは無ぇ、既存の関係は発展しようが無ぇで悶々とし始めた。仕舞いには幽霊でもいいから女いねぇかなー、なんて。ある日いつものように部屋で一人酒しながら2ちゃんしてたとき、何か視線を感じた。視線ていうか気配というか、喫茶店やファミレスなんかで知らない人が自分たちのテーブルに意識向けてんなーっていう感じの。そんなに強くないのね。じーっと見てるわけじゃない。聞き耳を立てているわけでもない。そういうの。 オカ板好きなほうなので「なんかいいネタになるかも」って内心ビクビクしながらも部屋の中の違和感を探し始めた。前述したように女の幽霊でも出てきたら何とかしてやろーなんて不届きなことも思ってたし、何よりお酒に酔ってたし。んでようやく見つけたのが__台所___部屋1__部屋2___|                          ||_______ ←             |   脱衣所   |              |          |PC            |          |俺    居間      |          |              |矢印の場所の天井付近に顔を半分だけ出してる幼い感じの男。霊感はわりかしあるほうでビビリはしたけど、「あー」みたいな感じ。でもまぁ害は無い感じで、向こうも俺と波長が合ってないらしくて、そこまで俺を意識してなかった気がする。じゃあなんでそんな状態でいらっしゃるんだよwって感じだけど。怖いけど、こういうのってよそ見してるうちにいなくなってるからお酒の勢いも手伝って「男かよ」ってボソっと言っちゃったのね。 したら顔が全部出てきてスゥっと消えてったの。顔全部見たら女の子だった。しかもなんか悲しそうな顔だったし。実際無表情なんだろうけど、俺にはそう見えた。対人関係できまず~い感じになった時のアレをまさか幽霊相手にやっちゃうとはね。この話を女友達に心霊体験として聞かせたら「あんたに彼女できんのは相当先だねぇ」だって。心霊体験よりもデリカシーの無さをクローズアップされたよ。

遺言を守るべきか否か

三日前に母親が亡くなったんだが、その時母親から変な話を聞かされた今から三ヵ月程前に母親が職場で体調を崩し救急車で病院に運ばれた病名は食道癌、もうあまり長くないと母とおばさん(母の姉)に告げられたそうだ病名は受験を控えた俺に影響を与えぬ為、疲労が原因でしばらく入院するとだけ教えてくれた特に重い病気じゃないと知り俺は母親を放って受験勉強に明け暮れていた母は俺が中一の時に父と離婚したので家では俺一人だけの生活だった飯等はバイトの給料でたてたり、おばさんが飯を作りにきてくれたりしてたちなみに親父は二年前に同じく食道癌で亡くなった母が入院してた三ヵ月の間に見舞いに行ったのは三回だけだった一回目は母が入院した初日いつも仕事で疲れイライラしてる母は俺とまともに話す事があまりなかった為少し緊張したのを覚えている母が「勉強頑張ってるの?」と小学生の時によく見た優しい笑顔で話し掛けてくれた一気に緊張がとけた俺は志望校の模試判定が低かった事や学校の事を話し始めた母親は「だったら勉強頑張らないと」「小さい頃からやれば出来る子」等とここ最近の母親とは思えないぐらい優しく励ましてくれた久しぶりに母親と会話を楽しみ二時間ぐらい経った頃に外が暗くなってきたので帰ることにした母親には「近い内にまた行く」と言ったが勉強とバイトの両立が忙しく結局全く行かなかったそして受験が終え、久しぶりに病院に行った母親が異常に肌白く凄く痩せていたもうその時は頭が真っ白になり呆然とした「病気良くないの?」と心配そうに母に聞くと母親は半泣きになりながら自分は癌だと教えてくれたいきなり突き付けられた現実にショックを受けた、もう泣きそうだったがとにかく我慢してた「直らないのか?」と聞くと「ごめんね」と優しい笑顔で返答した「生活費は○○がアルバイトして稼いでもらわないと困るけど大学のお金はちゃんと銀行にあるから心配しないで」と言ってきたもう正直そんなのどうでもよかったとにかく母の安否だけが心配でずっと呆然としていたそんな中母がいきなり変な事を言い出した「お母さんは呪われているの」と言ってきて俺は?状態だった母は続ける「お父さんが昔、女の人を傷つけて、女の人が死んじゃったの」親父が母と離婚したきっかけは親父が逮捕されたから何故逮捕されたかは未だに知らないが、恐らくその死んだ女性と関係あると思う「だからお母さんは死んじゃうけど○○は大丈夫だから」全く意味がわからず色々聞いても何も答えてくれず「大学頑張りなさい」しか言ってくれなかった最後に「お婆ちゃんのお墓に行ってお参りしなさい」「もう病院にはきちゃ駄目。お母さんは○○と今日会えて本当に嬉しかった」「電話はするから心配しなくて大丈夫」本当に何がなんだか全くわからず色々考えながらその日は病院を後にした翌日から母親とは毎日電話をしたが、やはり病院にはこないでいいと言われた電話では弱っていく自分を見てほしくないと言ってたが・・・で、三日前におばさんから電話が入り危篤状態だからすぐに病院にきなさいと言われ即刻病院に行ったがもう手遅れ最期の顔を見たかったので遺体を見せてくれと頼んだがおばさんに「あんたが見てきたお母さんじゃなくなってるからやめなさい」と言われ見せてもらえなかった病室にすら入れさせてもらえなかったおばさんに母からの俺宛に書いた手紙を貰った内容はこんな感じ「この手紙を見たら直ぐにお婆ちゃんのお墓参りに行きなさい」「お母さんの葬式には出たら駄目」「お父さんのお墓参りはしちゃ駄目」これってどうなんですか?呪いとか全く知識ないが手紙に書いてある事をしなければどうなるんですか?まだお婆ちゃんのお墓参りはしてませんが近い内にするつもりです

適当に選んだだけ

家で普通に寝てたのよ。んで10時くらいに起きて飯食おうと1階に行った。そしたらやかんに火がついてお茶が沸かしてあった。まずここで有り得ないんだ。一人暮らしだから。幸い階段から火がついてたのに気付いたからパッと火消して速攻二階に逃げた。聞き耳立てながらガクブルしてたら物音が。こっそり見に行ったらまた火が着いてた。もう訳が分からなくなって警察に電話したのさ。間もなく警察来て不審者は捕まった。顔も忘れかけたくらいの、高校の頃の担任だった。普通に飯食おうとしてたらしい。何故俺だったかと理由を聞いたら卒業名簿見て適当に選んだらしい。怖くない?

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら