蜘蛛を嫌いになった理由

私は蜘蛛が大嫌いです。それこそ、洒落にならない程の恐怖を感じます。何故でしょうか。これは、小学校に上がる前の話です。兵庫県のSというところにある、マンションに住んでいました。マンションは、敷地内に3棟あったと思います。私のうちは、そのうちの1棟の、8階の一番奥にある部屋です。8階には、私と同い年の男の子が私を含め3人いて、皆仲が良く、いつもマンション内の公園や、敷地内の色々な場所で遊んでいました。場所によってはガガンボや蜘蛛が沢山いて、気味が悪い。マンションの背後には大きな山がそびえているせいか、虫がやたらと多いマンションでした。さて、仲良し3人組みとは別に、たまに一緒に遊ぶT君という男の子がいました。T君はマンションの1階に住んでいて、少し内気な感じの子です。外に出て遊び回るより、家の中でおもちゃで遊ぶのが好きだったようで、外遊びが好きな私達とは、1ヶ月に数度遊ぶ程度の仲だったと思います。ある時、私一人でT君のうちに遊びに行きました。マンションの一階は少し薄暗いのです。さらにその日は曇りだったので、廊下が夜のように暗く、T君のうちに入るまで、かなり心細かったのを憶えています。T君のうちに着くと、T君とT君のお母さんが出迎えてくれ、ホッとしました。T君は救急車やパトカーのミニカーを取り出してきたので、子供なりにストーリーを仕立てて、2人で遊んでいました。しばらく遊んでいて、ふと視線を上げると、T君の部屋の箪笥の上に、見慣れないおもちゃが置いてあることに気が付きました。下から見上げる限りでは、レールが立体的に交差した造形しか判別出来ませんが、いかにも面白そうなおもちゃです。「あのおもちゃで遊ぼうよ」と、T君に頼みました。するとT君は素っ気無く、「壊れてるから遊べないよ、○○君が壊したんじゃないか」と言います。(○○君とは私のこと)吃驚して、「嘘だあ。あんなおもちゃ見たことないよ」と言い返すと、「この前遊びに来た時壊したじゃないか」と言い張るのです。全く記憶にない事です。ちょうどその時、T君のお母さんが部屋に入ってきて、箪笥に洗濯した服を仕舞い始めました。「T君が、僕があのおもちゃを壊したっていうんだよ」と、T君のお母さんに訴えました。「だって○○君、この前遊びに来た時壊したでしょう」と、T君のお母さん。当時4歳か5歳だったと思いますが、私は3歳位からの記憶がわりとハッキリと残っています。既に物心ついていましたので、友達のおもちゃを壊したかどうかくらいは判断出来ます。断じてそんな記憶はありませんし、そもそも、そのおもちゃを見るのは初めてなわけです。「どうしてそんな事言うの?ぼくは壊してないよ!」「この前遊んでて壊したじゃないか」「そうよねえ、○○君が壊したから遊べなくなったのよね」その時は勿論この言葉を知りませんでしたが、生まれて初めて「不条理」を感じた瞬間だったと思います。しばらく必死に記憶を辿って、以前にT君のうちに遊びに来た時の事を思い出そうとしてみましたが、やはり何も憶えていませんでした。その場にいたたまれなくなり、自分のうちに帰りました。私にとってはかなりショックな出来事で、帰宅しても親に話せません。その後間もなく、私達一家は東京へと引越ししてしまったので、T君のおもちゃのことは、不可解なままになってしまいました。その後、私は叔母から誕生日の贈り物に、幼年向けの「ファーブル昆虫記」をもらい、大変に気に入って何度も何度も読み返していたので、虫がとても好きになりました。引っ越した先は東京にしては自然が多い地区でしたので、外に出ては色んな虫を捕まえて遊んでいました。ただ、どうしても蜘蛛だけは好きになれません。好きになれないどころではない、蜘蛛の事を考えるだけで身の毛がよだつ思いがします。ファーブル昆虫記にも蜘蛛の話は載っていて、お話としては非常に面白いのですが。小学校、中学校、高校と、いつまでたっても私の蜘蛛嫌いは直りませんでした。ある日、幼い頃育ったマンションでの日々について、母親と思い出話を語ることがありました。色々懐かしく思い出しながら話しているうちに、「お前は今でも蜘蛛が大嫌いだけど、子供の頃は本当に酷かった。夜中にいきなり、『蜘蛛は嫌だーっ!』って叫び始めるんだよ」先に書いた通り、私は自分ではわりと、小さい頃の記憶がある方だと思っている。でも、夜中に泣き出したという記憶は全然ないわけです。母親が語るには、私の泣き叫ぶ様があまりにも真に迫っていて、まるでそこに本当に蜘蛛がいるかのように、怯えていたそうです。

寝ぼけたという様な生易しいものではなく、錯乱状態といってもよいぐらいで、気でも違った様に見えた。そんなことが何度も続くので、病院に連れて行った方が良いのではと、悩んだほどだそうなのです。そこで少し、自分の記憶があやふやになってきました。いくらなんでも、そんなことがあったら憶えているんじゃないか?でも全く憶えていない。ハッとしました。こういうことは前にもあったなあ。そうだ、T君のおもちゃのことだ。そこで何か思い出しそうになり、T君の薄暗い部屋のイメージが、頭の中にフラッシュバックしてきました。でも、はっきりと思い出す前に、記憶の糸がフッと途切れてしまい、それ以上は思い出せません。 その時母親が、「あのマンションは裏手が山だったから、大きな蜘蛛がたまに出たんだよねえ。大人の手くらいあるやつ。あんな大きな蜘蛛、子供が見たら、すごい大きさに見えるだろうねえ」と言いました。その瞬間、私の頭の中に幾つかのイメージが同時に駆け巡り、気が付くと私は頭を抱えてウゥと唸っていました。すんでのところで叫び声を抑えていました。T君の部屋で走り回っている時に転んで、あのレールのおもちゃの上に倒れこむ瞬間床を叩きながら泣いて私を非難するT君T君に、どうすれば○○君を許す?と聞くT君のおかあさんT君のおかあさんが、彼女の手より大きな蜘蛛をつかんで僕の口に感触が!

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だったころに、趣味で怖い話を作っては、家族や友達に聞かせていました。「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。特にじぃちゃんが、私の話を喜んで聞いてくれました。私はそれがとても嬉しかったんです。熱心に聞いてくれるのと同時に、こわがってくれたから。そんな折、私の作った話が、クラスの中で流行りだしました。放課後の男子トイレで、個室を叩くとノックが返ってくる。といったありがちな話です。クラスの女子の間であっという間に流行り、噂は学年中、学校中へと広まりました。「男子トイレの前で、手招きする男の子を見た」とか言い出す女子も出てきていて、私がやっとその噂を知って、「僕の作り話だってば」と言ってもきかず、その後もまことしやかに囁かれ続けました。ついには、そこで肝試しを始めるグループまで現れてしまいました。その肝試しでしたが、なにも起きるわけがないのに、グループの子供が皆、「ノックの音が返ってきた」と言うんです。大変な騒ぎでした。そんなワケないだろ!?と思って、作り話だということをアピールしようとしたのですが、当時の私は、皆に冷たくされるのが怖くて言い出せませんでした。そのうち私は、自分の話が本当になってしまったのではないか、と思うようになり、すごく恐くなって、自作の怖い話をすることをやめました。その騒動があってからしばらくして、じぃちゃんが怖い話をしなくなった私に、「もう怖い話しないのかい」と聞いてきました。私はもう泣きじゃくりながら、その話をじぃちゃんにしたんです。「ほうかほうか」とやさしく聞きながら、こんなことを話してくれました。「それはな、みんなが坊の話を本当に怖いと思ったんだ。坊の話をきっかけにして、みんなが勝手に怖いものを創っちゃったんだよ。怖い話を作って楽しむのはいいけど、それが広まって、よりおそろしく加工されたり、より危険なお話を創られてしまうようになると、 いつの日か『それ』を知った、ワシらの目には見えない存在が、『それ』の姿に化けて、本当に現れてしまうようになるのかもな。 目に見えるものではなく、心のなかにね。『おそれ』はヒトも獣も変わらず持つもの。『おそれ』は見えないものも見えるようにしてしまう。本能だからね。だから恥ずかしくないから、怖いものは強がらずにちゃんと怖がりなさい。そして、決して近寄らないようにしなさい。そうすれば、本当に酷い目にあうことはないよ」私は、じぃちゃんも何かそんな体験をしたのかと思って、「じぃちゃんも怖い思いをしたの?」と聞きました。すると、予期しなかったじぃちゃんの怖い話が始まったのです。「昔じぃちゃんは、坊の知らない、すごく遠くのお山の中の村に住んでいたんだよ。そこで、じぃちゃんの友達と一緒に、お山に肝試しに行ったことがあるんだ。そうだね、じぃちゃんが今でいう、高校生ぐらいのころかな。お地蔵さんがいっぱい並んでいたけど、友達もいるし全然怖くなかった。でも、帰り道にじぃちゃんの友達が、お地蔵さんを端から全部倒し始めたんだ。『全然怖くない、つまらない』って言ってね。

じぃちゃんはそこで始めて、その場所に居るのが怖くなったよ。なんだか、お地蔵さんに睨まれた気がしてね。友達を置いて、さっさと逃げてきちゃったんだよ。そうしたら、その友達はどうしたと思う?」「死んじゃったの?」「ううん、それが、何も起こらないで普通に帰ってきたんだよ。でもじぃちゃんは、もうそれからオバケが怖くなって、友達と肝試しに行くのを一切やめたんだ。その友達は、その後も何度も何度も肝試しといっては、ありがたい神社に忍び込んだり、お墓をうろうろしたり、お地蔵さんにイタズラしたり、色々するようになってね。周りの人からは呆れられて、相手にされなくなっていったよ。 人の気をひくために、『天狗を見た』なんていうようになってしまった。じぃちゃんに、『見てろ、噂を広めてやる』なんて言って笑っていたよ」「そしてある日、ふっと居なくなったんだ。じぃちゃんもみんなと色々と探したんだよ。そしたら…山の中の高い木のふもとで、友達は死んでた。木の幹には、足掛けに削った跡がてんてんと付いていてね。友達は自分で木に上って、足を滑らせて落ちたんだ。ばかなやつだよ。坊、世の中には、人が入ってはいけない場所っていうのがあるんだ。それは怖い場所だ。坊だったら、タンスの上もその場所だよ。落ちるのは怖いだろ。そういうことだよ。じぃちゃんの友達には、怖い場所が見分けられなかったんだ」「怖いね。ばちがあたったのかな」「いいや、怖いのはここからさ。友達が死んでから、村の中のひとたちが次々に、『天狗を見た』って言い出したんだ。じぃちゃんは、『あれは友達のでまかせだ』と言ったんだけどね。『友達が天狗の怒りに触れた』『祟りだ』『呪いだ』と、皆は自分達でどんどん不安をあおっていった。夜通しで見張りの火まで焚いたんだ。皆が顔をあわせるたびに天狗の話をするので、村の中がじめじめしていた」

「そんな時に限って具合が悪くてね、村の中でケガをするのが4件続いたんだよ。どうってこともない、ねんざまで数に数えられてね。どう見てもあれは、皆おかしくなってた。さらに噂に尾ひれがついて、『天狗に生贄を出さなくては皆殺される』とまで酷い話になっていた。そしてついに、本当に生贄を出そうという話をするようになったんだ。友達が死んだのは、木から足を滑らせて落ちたからなのに、完全に天狗のせいになってた。村の中の皆も、人が入ってはいけないところに踏み入ろうとしていた。それはね、人の命だよ。誰にもそれを奪う権利なんてないだろうに。じぃちゃんはね、天狗よりも、村の中の皆がすごく怖かったんだよ。だからね、じぃちゃんは、その村から逃げてきたんだ…」じぃちゃんのこの話は、その後もねだって2度程聞かせてもらいましたが、「絶対に内緒だぞ」と言われ、両親の居るところでは決して話しませんでした。でも、今でも私の家には父方の実家はありません。「農家の次男のじぃちゃんが、庄屋の娘のばぁちゃんと駆け落ちしてきたからだよ」と、私の両親からはそう聞いています。じぃちゃんが私に、自作の怖い話を聞かせてくれたのかとも思いましたが、多分違います。その長い話が終わった時、じぃちゃんは大粒の涙をぼとぼと、私の小さな手の甲に落としたのですから。今も思い出して涙腺が緩みました。長文を読んでくれてありがとうございました。

見間違いであって欲しい

短文で文才がないので読みにくいかもしれませんがヨロこの前中学時代の友人と久しぶりにバスの中であったんです。結構自己中な奴だったんで仲良くなかったんですが。いきなり「お前最近どう?」って話しかけてきて。まぁたわいもない会話を5分位してたんです。そうしたらいきなり真剣な面持ちでこの前友達の悪戯で、女子便に上靴を投げ込まれたって言ったんですよ。そうなんだ~と普通に相槌うって聞いていたら、出てくる瞬間を写メに取られたそうなんです。結局ピントはずれるしそいつは画面隅に写るしと、まったく意味のない写真が撮れたそうです。でもそいつの後ろ、トイレの入り口あたりに少年が写っていたそうです。消しちゃったらしく証拠は見てません。その後そいつの携帯に留守電メッセージが入ってて、聞くとどっかのばあさんの声らしいのです。電源を切ってあると通常電波の~と言われ留守電にもつながらないはずなのにそいつの携帯は切ったあったにも関わらずばあさんの声が入ってたそうです。今、私達は受験生でそいつもそのせいでネガティブな考えに陥りやすくなっていました。その場では私はポジティブに考えれば大丈夫と説得していました。でもそいつが降りるときやけに肌寒く感じそいつを目で追うと。見知らぬばあさんがついて行くのが見えました。見間違いであってほしいです。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら